VIO脱毛で濡れることはある?|対策とスタッフの本音&アドバイス

VIO脱毛の照射中、デリケートゾーンに触れられることで性的に感じてしまったり、濡れてしまったりしたらどうしよう、と不安に思っている人は少なくありません。しかし、恥ずかしくてなかなかスタッフには相談できないという人が多いです。

ここでは、実際に照射中に感じたり、濡れたりする人はいるのかや、対策はあるのかについて詳しく説明します。

VIO脱毛の照射中に濡れることもある

結論から言うと、VIO脱毛の照射中に濡れる人もいます。とはいえ、デリケートゾーンに触れられることで性的に感じてしまい、濡れてしまったという人はごく少数です。

痛みが勝るので性的に感じてしまうことはまれ

VIO脱毛未経験者の声を集めると、少数ではありますが「照射中、性的に感じてしまったらどうしよう?」という心配をしている人がいました。

しかし、VIOゾーンは毛が太い分、光やレーザーが強く反応するため、医療レーザー脱毛ではかなりの痛みが、医療レーザー脱毛に比べパワーの弱い光脱毛であっても軽い痛みがあり、照射中に性的に感じてしまうということはほとんどありません。

普段からとても敏感で濡れやすい体質の場合、事前シェービングを行っているときや、処理前のジェルを塗っているときに反応してしまい、濡れてしまったという意見もありますが、ごく少数ですので、過度に心配する必要はありません。

感じていなくても濡れてしまうことがある

上記の通り、VIO脱毛で性的に感じてしまう人はごく少数です。しかし、たとえ性的に感じていなくても濡れた状態になってしまうことはあります。

VIO脱毛で濡れた状態になる原因は主に2つあります。原因によって取るべき対策が異なりますので、自分の体質に合った対策を取りましょう。

濡れてしまう原因は「膣分泌液」と「おりもの」

一般的に「濡れる」というと、性的に興奮した状態のことを思い浮かべます。このときに分泌されているのは膣分泌液です。しかし、VIO照射中に濡れた状態になるのは、膣分泌液だけが原因ではありません。

同じく膣から分泌されるおりものによって濡れた状態になることもあります。膣分泌液とおりものはどう違うのでしょうか?

膣分泌液とは?

膣分泌液とは、膣壁から分泌される粘性のある液体で、基本的には無色透明です。性交時の潤滑油の役割を担っており、性器が刺激を受けたり、性的に興奮したときに分泌されます。

よって、性的な興奮が高まると、より多くの膣分泌液が分泌される場合もありますが、分泌の要因はそれだけではありません。

膣分泌液が分泌されないまま性交を行うと、不快感や痛みを伴うことがあるので、強姦された場合などでも体が防衛本能から膣分泌液を分泌することがあります。つまり性的に感じていなくても、デリケートゾーンに触れられたことで濡れる可能性があるのです。

膣分泌液の量や色、においは、健康状態や精神状態、月経周期、食生活などによっても異なりますが、基本的に自分の意思で量をコントロールすることはできません。

おりものとは?

平常時に膣から分泌される液体は全ておりもの(下り物)と呼ばれています。

子宮頚部や膣の分泌物が混じった酸性の分泌液で、色は透明や白濁、黄色、生臭いにおいや甘酸っぱいにおいがすることもありますが、強烈な刺激臭でなければ通常の範囲内と考えてください。

おりものによって膣内を酸性に保つことで細菌の侵入を防ぐ役割があると言われており、分泌量は人により異なります。中には、下着が濡れてしまうくらい分泌するという人もいますが、生理が順調にきている場合は過度に心配する必要はありません。

どちらも体を守るために必要なもので、量をコントロールするのは難しい

膣分泌液もおりものも成分の違いはあれど、どちらも女性の体を守るために必要なものです。また、基本的に自分で分泌量をコントロールするのは困難です。

どちらも水分なので、「水を飲む量を控えれば、膣分泌液やおりものの量を減らすことができるのでは?」と安易に考える人もいますが、これは大きな間違いです。

照射前に水分を断っても、意味がないばかりか、脱水症状で体調を崩してしまう可能性もありますので、絶対にやめてください。

そして、VIO脱毛を担当するスタッフも当然のことながら、こうした知識を持ち合わせていますので、たとえ濡れてしまったとしても全く気にする必要はありません。

スタッフには濡れている理由は分からない

このように濡れてしまう原因にはさまざまありますが、スタッフにはどうして濡れているのかという理由までは分かりませんので、「性的に感じて濡れているのが分かるのが恥ずかしい!」と心配している人は、安心してください。

どうしても濡れてしまうのが気になるときの対策

このように、自分でコントロールすることができない生理現象だと理解していても、やっぱり照射中に濡れてしまうのが気になってしまうという人は、以下の対策を取ってください。

この対策をとっても、濡れることを完全に防ぐことができませんが、濡れていることが気づかれにくくなったり、量を減らしたりすることは可能です。

照射前にジェルを使用するサロン・クリニックを選ぶ

照射を担当するスタッフの中には「たとえ濡れてしまっても、ジェルを使用しているので、気づくことはない」と答えている人も多いです。

しかし、照射前にジェルを塗布しなくても良い脱毛器を使用しているサロン・クリニックもあります。

この場合、濡れていることが分かりやすくなってしまうので、濡れていることに気づかれたくないという人は照射前にジェルを使用するサロン・クリニックを選びましょう。

普段からおりものの量が多い人は排卵期の照射を避ける

女性の体は、生理周期により月経期卵胞期排卵期黄体期という4つの期間に分けることができます。

生理初日から数えて14日目頃から17日目頃までの間に、卵胞から卵子が放出されるので、この時期を排卵期と呼んでいます。

基本的に排卵期に入るとおりもの量が増える傾向にあります。普段からおりものの量が多いと感じている人は、排卵期の照射を避けましょう。

照射前に赤ちゃんの用のお尻拭きなどを使い清潔にし、余計な不安を取り除く

照射前についているおりものや汚れを、事前に赤ちゃんのお尻拭きなどで拭き取ることで、「汚れていたらどうしよう」、「不快なにおいがしたらどうしよう」という不安を取り除き、落ち着いた気持ちで照射を受けることができます。

膣分泌液やおりものの量は、精神状態にも左右されますので、余計な不安は取り除いておきましょう。

たとえ、サロン・クリニックに向かう前にシャワーや温水洗浄便座などを使って清潔にしていたとしても、電車や車で長時間座っていたり、椅子に座ってカウンセリングなどを受けていたりすれば、どうしても蒸れてしまいます。

また、洗浄を行った後に、おりものがつくこともありますので、着替えのときに最後の拭き取りをしておくと安心です。

ただし、デリケートゾーンなので、ワキなどに使用する汗拭きシートでの拭き取りはおすすめできません。直前の拭き取りには、肌に優しい赤ちゃん用のお尻拭きなどを使用しましょう。

もし濡れてしまっても伝える必要はないよ!

照射中に「濡れてきてる!」と気づいて「スタッフさんに伝えた方がいいのかなぁ」なんて迷うこともあるかもしれないけど、スタッフさんにとってはこんな事態は日常茶飯事なので、わざわざ伝える必要はないよ。

黙っていてもサッと拭き取りをしてくれるので、何も気づいていないふりをしていればOKです◎

脱毛のプロに聞く、サロンでの配慮とアドバイス

サロンで働く脱毛のプロに、VIO脱毛で濡れてしまう人についての本音やアドバイスをもらいました。

取材協力(氏名五十音順・敬称略)
伊藤晴美(Waxing Salon 凛)、桶本貴子(脱毛のお店 NICO)、門田唯(Beautysalon REDMOON)、定元芙貴(大分ブラジリアンワックスANGIE)、関根彩子(ブラジリアンワックスサロンaglaia)、丹沢まどか(Blanc Emu)、Chika(la-paume)、松本登美子(トータルビューティーサロン fileo)、佛坂真由美(美肌脱毛・美顔矯正 Beauty Salon Be+)、森安南(ZIZI)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

生理前におりものが多く分泌されることはある

女性に関して言えば、ほとんどないですが、例えば生理前だとおりものが多く分泌されたり、ということはありました。うちは男性も来られるのですが、男性のほとんどは反応します。でもそれは、自然なことだと思うので何も思わないですね。(桶本)

性的興奮を感じて濡れる人はいない

性的興奮を感じて濡れる、施術者に特別な感情をもつ事で濡れる、といった経験はありません。おりものなどの分泌物が気になる場合は、施術前にデリケートゾーン専用ウェットシートがありますので、ご自身でケアしていただけます。(関根)

ジェルを塗るのでいたとしても分からない

当店では該当するお客様は居られないと思いますが、ジェルを塗ったり精製水を含ませたコットンで拭いたりするので、いたとしても分からないと思います。(佛坂)

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

気づかないふりをして大丈夫

人間の正常な生理現象です。特にこちらから指摘はしないので、気になっても気づかないフリしても大丈夫ですよ。(伊藤)

ワックス脱毛でどうしても心配な場合はタンポンを使用してもOK

当店はワックス脱毛ですので、生理時でもタンポン着用して頂ければ施術が受けられます。
どうしても不安で恥ずかしければ、タンポンの使用はいかがでしょうか?(門田)

事前に施術時の格好などを確認した方が不安を解消できる

当サロンでは、ペーパーショーツで局部は隠しながら施術を行うのでそのようなご不安や心配は必要ないです。サロンによって、施術のやり方、施術の際の格好等、若干の違いがあるかもしれないので、事前に確認をしたほうがご不安を解消できるかと思います。(丹沢)

施術前にウォッシュレットなどで洗って拭き取ると気持ち的に安心できる

一番大事な事は、やはり信頼関係だとおもいますので、施術するスタッフと十分話をすることによって不安を解消し、信頼できる相手なのかによってこの人なら任せられると決めていただけるのが良いのではないでしょうか。あとは、施術前にウォシュレットなどで洗って拭きとると気持ち的にも安心できると思います。(松本)

施術を中止するようなことはないので安心して

もしそうなった場合でも施術を中止するというようなことはありません。こちらにお声がけいただかなくても大丈夫ですし、こちらからお声掛けすることもありません。(キレイモ、ディオーネ、ミュゼプラチナム)

ウエットティッシュを用意しています

部屋にはウエットティッシュを用意してありますので、すごく心配される方には、部屋に案内する前にふき取りのアドバイスをします。(RINRIN)

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

施術者は大抵のことには動じません

ただでさえデリケートな箇所の施術です。施術者は大抵のことには動じませんし、問題ないように備えています。ご不安な点はしっかりカウンセリングの段階で話をして、施術者のことを信頼できるようになってから施術に臨まれるといいと思いますよ!(定元)

自宅の一室のサロンなので、気軽に訪ねて

当サロンは自宅の一室で施術者はお母さん世代です。清潔で快適になれるワックス脱毛を気軽に続けていただきたいと思って施術させていただいております。(Chika)

遠慮せずに何でも伝えてほしい

遠慮せずに、お互いが配慮をしながら様々な情報を伝え合うことによって、信頼関係が生まれます。1回目は無理だったとしても、2回目、3回目と繰り返して施術させて頂く中で自分のことを開示しても平気な人なんだとお互いが思えることが大切ですし、私たちはそれを大切にしていますし、お客様の信頼を勝ち取るまでは、絶対に諦めてはだめだと思っていますので、あなたもご自分のことを遠慮なく伝えてみてください。(松本)

性器をまじまじと直視することはないので安心して

現場ではおりものやティッシュが付いている事・・などは日々よく目にしております。施術者はこのような自然な事には慣れておりますのでこちらが不快に思う事はございません。毛の流れ・お肌の様子などを見ながら、的確かつスピーディに施術する事を常に心がけているため、まじまじと性器を直視する事はございませんので安心して施術をお受けになられてくださいね。(森)

サロンスタッフにプライベートで本心を聞いてみました!

編集部スタッフの友人が、脱毛サロン「RINRIN」で働いているので、普段あまり聞くことのできない、スタッフの貴重な本音をこっそり聞いてみました。

「万が一、濡れてしまっても施術に影響あるがあるわけじゃないから全然気にならないよ。それよりも、自己処理がキレイにできているかが気になるよ!

自己処理がキレイにできていると、施術前のシェービングの手間も少なくなるし、施術時間も短くなるからすごく助かるな~。

だから濡れたらどうしよう…じゃなくて、自己処理はキレイにできているかな…と思いながら来てほしいな~(笑)。

濡れることが不安な人は、施術室とかにティッシュやウエットティッシュが置いてあるサロンが多いから、着替えるタイミングで拭くのもいいかもね!」

とのことでした。自己処理が難しい場所だけど、恥ずかしい時間が少しでも短くなるのなら頑張る価値があるよね◎

VIOラインの正しい自己処理方法が気になる人は、VラインIラインOラインそれぞれのページで確認してね!

伊藤晴美(Waxing Salon 凛)の回答を見る(WAX・光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

濡れてしまう人はいらっしゃいますが気にしなければ、こちらから指摘することはないですし、何も気にしないで大丈夫ですよ。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

人間の正常な生理現象です。特にこちらから指摘はしないので、気になっても気づかないフリしても大丈夫ですよ。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

特にありません。何度も言うように、正常な人間の生理現象です。

桶本貴子(脱毛のお店 NICO)の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

女性に関して言えば、ほとんどないですが、例えば生理前だとおりものが多く分泌されたり、ということはありました。うちは男性も来られるのですが、男性のほとんどは反応します。でもそれは、自然なことだと思うので何も思わないですね。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

特に何かをするわけではないですが、恐縮してしまうお客様であれば、お声がけしたり、施術中にさりげなくふき取ったりくらいで、気にしたことはないですね。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

施術前には、消毒の後にワックスが肌にひっついて表面剥離をおこさないようにオイルを塗ります。なので、そんなに気にならないと思います。でもそんなことより、痛みに耐えたりする方が大変かもですね…(笑)。 少なからず痛みはあるので。

門田唯(Beautysalon REDMOON)の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

よっぽど慣れている方以外ほとんどだと思います。歯医者さんで寝転んで口をあけて上を向いていたら、口の中が涎でいっぱいになりますよね?それ位VIOの施術中濡れてもしまっても、普通の事です。デリケートゾーンですし、体調によっても変わってくると思います。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

当店はワックス脱毛ですので、生理時でもタンポン着用して頂ければ施術が受けられます。どうしても不安で恥ずかしければ、タンポンの使用はいかがでしょうか?

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

施術をする前に消毒、施術後に保湿を行うときにサッと拭いています。自然現象ですので、私達施術者は「恥ずかしいこと」と思ってはいません。ご自身に合うサロン選び、不安な事恥ずかしい事を相談できる施術者さんに施術を行って貰えば、心も体もリラックスできますよ。

定元芙貴(大分ブラジリアンワックスANGIE)の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

はっきり言って、分かりません。濡れているのかどうか、施術者には分からないのではないでしょうか??毛を抜くためには、外陰部をしっかり伸ばして施術しますが、…いわゆるワレメを開くことはありません。濡れたとか、漏れたと感じたことはございません。

それよりも、「お尻に汗をいっぱいかいちゃって恥ずかしい?(≧∀≦)??」というお客様のほうが多いですね。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

そのようなことがあったとしても…。まず施術者には分からないですし、気にされないでください。またもし水分が漏れたとしても、防水シーツを使っていますので、ベッドやシーツを汚したりすることはありません。ご安心ください。

施術の際はブラジリアンワックスの痛みが少しでもまぎれるよう、楽しくおしゃべりができるように心がけています。またベッドに横になったときに見える天井に花を飾るなどしています。視覚的にも少しでもリラックスしていただきたいです。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

濡れたというお客様にはお会いしたことがないですが…。光脱毛でもブラジリアンワックスでも、ワレメを開くことはありませんので、もし濡れたとしても全く分からないと思います。

それにただでさえデリケートな箇所の施術です。施術者はたいていのことには動じませんし、問題ないように備えています。ご不安な点はしっかりカウンセリングの段階で話をして、施術者のことを信頼できるようになってから施術に臨まれるといいと思いますよ!

関根彩子(ブラジリアンワックスサロンaglaia)の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

性的興奮を感じて濡れる、施術者に特別な感情をもつ事で濡れる、といった経験はありません。おりものなどの分泌物が気になる場合は、施術前にデリケートゾーン専用ウェットシートがありますので、ご自身でケアしていただけます。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

濡れた部位にはワックスがうまく塗布できませんので、パウダーなどでケアして施術します。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

多かれ少なかれ、水分量の多い部位です。施術者は慣れてますから大丈夫です。おりものの異常は医師ではない為わかりませんので、受診をご案内しております。

丹沢まどか(Blanc Emu[ブランエミュ])の回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

今までになし。(そこまで粘膜に近い部分までは見えないようにペーパーショーツで隠しているので不明)

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

当サロンでは、ペーパーショーツで局部は隠しながら施術を行うのでそのようなご不安や心配は必要ないです。サロンによって、施術のやり方、施術の際の格好等、若干の違いがあるかもしれないので、事前に確認をしたほうがご不安を解消できるかと思います。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

当サロンでは、そのようなお悩みをお聞きしたことがありませんでしたし、粘膜に近い部位まで見たり、触れたりしないように、隠しながら施術を行っておりました。なので、このような不安を感じている方もいるんだなと学びになりました。

お客様が、ご不安や心配に感じられることは、ご相談いただいたほうが適切な回答ができるので、ぜひ勇気をもってご相談頂けると嬉しいです。

Chika(la-paume[ラポーム])の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

誰しもデリケートゾーンの脱毛に関してはドキドキ不安に思ってのご来店です。いままでご来店いただいてそうなられる方はお一人もおられません。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

問3でお答えしたようにおられませんでしたので、対策はございません。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

こちらのサロンは自宅の一室で施術者はお母さん世代です。清潔で快適になれるワックス脱毛を気軽に続けていただきたいと思って施術させていただいております。

松本登美子(トータルビューティーサロン fileo)の回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

そこまで触ったりしないので濡れてしまう方は今までいらっしゃいません。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

当サロンではVIOですと10分くらいで終わりますので考えている合間に終わってしまいますね!もちろん初めてやる方にとっては、恥ずかしい不安は皆さんありますのでお手入れ前のカウンセリングで、しっかりヒアリングをしていますので、あとは、信頼してお任せいただく事でしょうか。

一番大事な事は、やはり信頼関係だと思いますので、施術するスタッフと十分話をすることによって不安を解消し、信頼できる相手なのかによってこの人なら任せられると決めていただけるのが良いのではないでしょうか。

あとは、施術前にウォシュレットなどで洗って拭きとると気持ち的にも安心できると思います。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

実際の施術に関して、当サロンではジェルは塗りませんので、本当にあっという間に終わってしまいます。ほとんどのお客様から、もう終わったの??と驚かれるほどですので、安心して受けて頂けると思います。

最も大切なことは、お互いに信頼をすることができるように自己開示をすることではないでしょうか。できるだけ自分のもっている情報を施術者に伝えることですね。お客様が持っている情報、また不安や心配などの感情もすべて伝えることですね。

遠慮せずに、お互いが配慮をしながら様々な情報を伝え合うことによって、信頼関係が生まれます。1回目は無理だったとしても、2回目、3回目と繰り返して施術させて頂く中で自分のことを開示しても平気な人なんだとお互いが思えることが大切ですし、私たちはそれを大切にしていますし、お客様の信頼を勝ち取るまでは、絶対に諦めてはだめだと思っていますので、あなたもご自分のことを遠慮なく伝えてみてください。

佛坂真由美(美肌脱毛・美顔矯正 Beauty Salon Be+)の回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

当店では該当するお客様は居られないと思いますが、ジェルを塗ったり精製水を含ませたコットンで拭いたりするので、いたとしてもわからないと思います。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

該当するお客様は居られません。初回は特に緊張や不安でいっぱいだと思いますので、楽しくお話をさせていただいて、気持ちが楽になるように心がける事が大切かと思います。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

当店のお客様でもそのように思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、ジェルを塗ったり精製水を含ませたコットンで拭いたりするので、もし濡れてしまってもわからないと思います。安心してご来店ください。

森安南(ZIZI)の回答を見る(WAX)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

今までの経験上、記憶にありません。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

緊張や痛みにより、そもそも濡れるということはほぼないと思いますので安心してください。ワックス剤は水分に弱く粘着しなくなるので、汗やおりものが出ている場合は特にお客様にはお伝えせずに、拭ったりパウダーをはたいております。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

現場ではおりものやティッシュが付いている事…などは日々よく目にしております。施術者はこのような自然な事には慣れておりますので、こちらが不快に思う事はございません。

毛の流れ・お肌の様子などを見ながら、的確かつスピーディに施術する事を常に心がけているため、まじまじと性器を直視する事はございませんので安心して施術をお受けになられてくださいね。

エピレの回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

施術中にというのはあまりないです。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

対策などは特にありません。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

照射前にジェルを塗りますので濡れてもスタッフはそんなに気づきませんし本当に気にしません。皮膚の表面上に光を当てるだけなので、まじまじ見る事もありませんし気にせず施術を受けてください。

キレイモの回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

あまりないことだとは思います。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

具体的な対策等はありませんが、もしそうなった場合でも施術を中止するというようなことはありません。こちらにお声掛けいただかなくても大丈夫ですし、こちらからお声掛けすることもありません。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

どうしても気になるという方は、専門のスタッフがきちんと相談・対応させていただきます。また、スタッフも数多くの施術を行っているので、万が一その場でそうなった場合でも安心して任せていただければと思います。

脱毛ラボの回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

生理現象ですし個人差はありますがいらっしゃいます。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

対策などは特にありません。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

前日にしっかりシェービングしてきていただくと、施術時間も短くなりますので少しでも恥ずかしいと思う時間を短くしたいのであれば、前日のお手入れは必ずしてきて下さい。

ディオーネの回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

あまりそういった方はおられません。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

あまりおられないので対策等はないのですが、万が一そうなった場合でも施術に支障はありませんし、特にお声がけすることもなく気にせず続けます。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

あまり気にし過ぎず、ご来店されることが一番だと思います。どうしても気になる場合は相談していただければきちんと対応させていただきますので、ご安心ください。

ミュゼプラチナムの回答を見る(光)

施術中に濡れてしまう人はいますか?

その時の体調などもありますので一概にないとは言えませんが、個人差があることですのでお答えするのは難しいです。

「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して行っている対策や対応があればお教えください。

もし施術中にそのようなことがあった場合も特にお声掛けいただく必要はありませんし、こちらからもお声掛けはいたしません。ですが、どうしても気になった場合は次回にでもサロンスタッフに相談していただいたら対応させていただきますし、コンシェルジュデスク(コールセンター)にかけていただいても構いません。

実際に施術を行う立場から、「濡れてしまうことが恥ずかしい、不安」と感じている人に対して、アドバイスをお願いします。

デリケートな場所なので、どうしても恥ずかしいと思われる気持ちもあると思いますが、サロンスタッフは多くの人の施術を行ってきていますし、研修もたくさんおこなっておりどんな場合も対応できますので、どうぞ安心してご来店ください。

 

以上、VIO脱毛で濡れることはある?|対策とスタッフの本音&アドバイス、でした。膣分泌液やおりもので濡れるのは生理現象なので、完全に防ぐことはできません。

しかし、排卵期の照射を控えることで、多少抑えることは可能です。また、ジェルを塗っている場合は、濡れていても分かりにくいので、濡れることが気になる人は、照射前にジェルを使用するサロン・クリニックを選びましょう。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です