アンダーヘアの理想の長さは?おすすめの長さは何センチか知りたい

1分で分かる!

アンダーヘアの理想の長さは、一般的に2~3センチと言われています。ただし、処理の道具によって、おすすめの長さが異なるので、はさみとヒートカッター、2つのパターンに分けて説明します。

理想の長さは2~3センチ

アンダーヘアは自然のまま伸ばし続けておくと、7センチ程度まで伸びることもあるので、定期的にカットするのがおすすめです。

2~3センチに整えると、正面から見たときにも性器が隠れ、下着や水着からもはみだしにくくなります。また、蒸れも軽減できます。

はさみなら3センチがおすすめ

はさみで処理をする場合、切り口が鋭角になるため、あまり短くし過ぎるとチクチクして不快に感じる可能性があります。

少し長めにしておくとチクチク感が緩和されるので、はさみでカットする場合は3センチ程度にするのがおすすめです。

ヒートカッターなら2センチでもOK

ヒートカッターとは、熱でムダ毛を焼き切るムダ毛処理グッズのことです。ヒートカッターでカットすると切り口が丸くなり、チクチク感を押さえることができます。

3センチより短くしたい場合は、ヒートカッターでの処理がおすすめです。

はさみとヒートカッターで処理した後の毛先の違いや、長さを整えるときのポイントなど、さらに詳しく知りたい人は下の記事を読んでみてください。

おすすめの長さは2~3センチ

「サロンやクリニックでの脱毛は少しハードル高いし、カミソリや電気シェーバーで自己処理するのは難しそう。でも、アンダーヘアをそのままにしておくには、毛量が多くて気になる」という人は、まずはさみやヒートカッターで長さを調整してみましょう。

また、サロンやクリニックで脱毛してアンダーヘアの範囲を狭くしている人も、あまりに毛が長いと下着にも収まりにくくなるので、定期的に長さを整えるのがおすすめです。

性器が隠れ、蒸れも軽減される

「1分で分かる!A.」でも説明した通り、2~3センチであれば正面から見たときに割れ目が見えず、自然と性器が隠れます。また、短くすることで通気性が良くなり、蒸れが軽減されます。

デリケートゾーンの蒸れは、雑菌の増殖を招き、肌のかぶれやかゆみ、悪臭などさまざまなトラブルの原因となります。アンダーヘアをカットし、デリケートゾーンの蒸れを抑えましょう。

現代は昔よりデリケートゾーンが蒸れやすい?

「昔の人は、アンダーヘアのカットなんてしてなかったのに、なんでカットした方がいいの?」と感じる人もいるかもしれません。でも、現代は昔に比べ、デリケートゾーンが蒸れやすい環境になってしまっているんです。

下着の素材
ナイロンやポリエステルなどの化学繊維は、乾きやすく耐久性があり、比較的安価なので、下着に使用されることも多いです。しかし、綿やシルクなどの天然素材と比べ、通気性が劣るので、蒸れやすくなります。

生理用品
ポリエステルは生理用品にも使われています。ポリエチレンフィルムに穴あけ処理を施したナプキンは、経血が漏れにくく、吸収力が高いという利点がありますが、ただでさえ蒸れやすい生理中に、これらの生理用品を使用するとさらに蒸れてしまいます。

蒸れが気になる人は、下着や生理用品も見直してみてね!

処理せず放置すると理想の長さの2倍以上に

体毛には毛周期と呼ばれる生え変わりのサイクルがあり、体毛がどこまで伸びるのかに深く関係しています。

アンダーヘアはワキや腕などに比べ毛周期が長く、成長期(毛が伸び続ける期間)が平均1~2年もあります。

1日に伸びる毛の長さも部位により異なりますが、アンダーヘアの場合、平均して1日に0.2ミリ程度伸びます。そして、この1日に伸びる毛の長さに成長期の期間を掛けたものが、その毛の最長の長さになります。つまり、アンダーヘアの場合、

0.2ミリ×1年(365日)=7.3センチ

となり、1年間処理をしなかった場合、理想の長さ2~3センチの2倍以上になってしまいます。

毛周期についてさらに詳しく知りたい人は、毛周期とは?|ムダ毛が生え変わるサイクルとベストな脱毛間隔を読んでみてください。

処理する道具によっておすすめの長さは異なる

はさみなら3センチがおすすめ

アンダーヘアをはさみで切った場合、毛先が鋭角に尖ってしまうため、短くし過ぎると毛の断面が肌に触れやすくなりチクチクしてしまいます。

はさみでカットした毛先と自然な毛先の違い

チクチクするのを防止するために、少し長めに整えるのがおすすめです。

ヒートカッターなら2センチでもOK

ヒートカッターとは…

ヒートカッターとは、熱で毛を焼き切るムダ毛処理グッズです。価格は製品により異なりますが、2000~4000円程度のものが多く、家電量販店や通販などで購入することができます。

さまざまなメーカーから発売されていますが、「ラヴィアVライントリマー」 が特に人気です。

ラヴィアVライントリマーについて、さらに詳しく知りたい人は、Vライントリマー「ラヴィア」の評判は本当?メーカー担当に聞いてみたを読んでみてください。

熱でカットするから毛先が丸くなり、チクチクしにくい

ヒートカッターを使ってカットすると、熱でアンダーヘアの切り口が溶け 丸くなるため、はさみでの処理に比べ、チクチクしにくくなります。

はさみでカットした毛先とヒートカッターでカットした毛先の違い

毛先を丸く処理するためのポイント

熱線部分を毛に強く押し付けず、熱で自然と焼き切るようにする

強く押し付けてカットすると毛先が丸くならず、チクチクしてしまう可能性があります。

1度に処理する本数は10本程度にする

1回でたくさんの毛を処理しようとすると、全体的に熱が伝わらず上手く切れません。

長さを整えるときのポイント

アンダーヘアの長さを整えるときは、割れ目の下部分を一番長く、お腹のに向かっていくに従って少しずつ短くなるように整えると自然に仕上がるとされています。

はさみでの詳しい処理手順は、
アンダーヘアをはさみで整える方法が知りたい!きれいに整えるコツも

ヒートカッターでの詳しい処理手順は、
ヒートカッターでアンダーヘアをきれいにする方法&おすすめ機種は?

に掲載しています。

なお、はさみやヒートカッターでアンダーヘアを処理した後、デリケートゾーンの保湿をしっかりと行うと、肌への刺激を緩和することができ、チクチク感の軽減に繋がります。

デリケートゾーン専用の保湿クリームも販売されていますが、普段使っている顔用の乳液などで代用しても問題ありません。

処理の頻度を抑えたいならヒートカッターがおすすめ

はさみで理想の長さを保つには1カ月に3回の処理が必要

前述の通り、アンダーヘアは平均して1日0.2ミリずつ伸びていきます。理想的な長さである3センチに保つためには、1カ月に3回ほどの頻度で処理を続ける必要があります。

ヒートカッターなら1カ月半に1回の処理でOK

アンダーヘアが1センチ伸びるには、50日以上の期間がかかります。つまり、1度ヒートカッターで2センチに整えると、3センチ以上になるのは50日後です。1カ月半に1回の頻度で処理を続ければ、理想の長さである2~3センチを常に保つことができます。

常に理想の長さにしておきたい場合は、はさみよりもヒートカッターでの処理がおすすめです。

以上、「アンダーヘアの理想の長さは?おすすめの長さは何センチか知りたい」に対する回答でした。

アンダーヘアを何センチにするかは個人の好みですが、見た目や衛生面を考慮すると、2~3センチの状態をキープするのがおすすめです。誰でも簡単に処理できるので、ぜひ一度、挑戦してみてください。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×