処理方法に悩んだら!ムダ毛処理の全方法比較シート

ここでは、脱毛の学校でご紹介している全ムダ毛処理の方法を比較します。どの方法にもメリット・デメリットがありますので、それぞれ比べてみて、今の自分に一番合った脱毛方法を見つけてください。

ムダ毛処理全方法比較シート

処理の頻度 肌への
優しさ
痛み 価格 処理直後
の美しさ
脱毛可能部位 一回の処理にかかる時間
1週間に1~2回 バツ ニコニコ 100円~ 二重マル 手が届く範囲 両ワキで10分程度
1週間に1回 バツ ちょっと痛い 100円~ 二重マル 手が届く範囲 両ワキで2時間程度
1週間に2~3回 マル ニコニコ 1000円~ マル 手が届く範囲 両ワキで10分程度
1カ月に1~2回 サンカク ニコニコ 750円~ マル 顔以外 両手足で20分程度
1週間に1回 サンカク ニコニコ 500円~ 二重マル 顔以外 両ワキで10分程度
2~3週間に1回 サンカク だいぶ痛い 1000円~ 二重マル VIO(全身) VIOで30分程度
毎日 二重マル 超ニコニコ 1000円~ バツ 全身 両手足で1~2分
1カ月に1~2回 マル ニコニコ 1万円~ サンカク 手が届く範囲 両ワキで10分程度
1~2カ月に1回
(12~18回で完了)
マル ニコニコ 全身脱毛1回あたり
約1万円~
サンカク 全身 両ワキで30分程度
入店から退店まで
1~2カ月に1回
(5~9回で完了)
マル だいぶ痛い 全身脱毛1回あたり
約6万円~
サンカク 全身 両ワキで20分程度
入店から退店まで

事情別 おすすめのムダ毛処理方法

日焼けをしている人

日焼けをしているとサロンやクリニックに通えない

今、日焼けをしている場合、すぐにサロンやクリニックに通うことができません。サロンやクリニックで使用している脱毛器の多くは、ムダ毛の黒い色素(メラニン色素)に反応して、毛根にダメージを与えているので、肌を日焼けしていると火傷などのリスクが増してしまうのです。

サロンやクリニックに通いたい場合、最低でも日焼けから1カ月以上、できれば3カ月空けてからの方が望ましいです。また、脱毛が完了するまでの期間は、できるだけ日焼けを避けなければいけません。

部活や趣味でスポーツなどをしていて、日焼けを避けるのが難しい場合は、サロンやクリニックには通わず自己処理するのがおすすめです。自己処理についての詳細は、なるべくお金を掛けたくない人の項をご覧ください。

とにかくお金を掛けたくない人

カミソリは安価で行えるけど…

とにかくお金を掛けたくない場合、まずはカミソリでの処理がおすすめです。顔の眉周りや指など細かい部分は毛抜きでの処理もよいですが、手・脚・ワキなど範囲が広い場合、毛抜きで処理すると莫大な時間が掛かってしまいます。

ただし、カミソリでの処理はあまり肌に良いものではありません。また、カミソリの刃が傷んでいると肌を傷つけてしまうため、1週間に1回使用であれば1カ月ほどで買い替えなくてはなりません。

安すぎるカミソリは肌への負担が大きいので、先々までの費用を考えると、早めに電気シェーバーを購入した方がよいです。電気シェーバーであれば、より肌にやさしく、安全に自己処理を続けることができます。

詳しくは、カミソリと電気シェーバーの比較を、各処理についての詳細は、カミソリによるムダ毛処理毛抜きによるムダ毛処理電気シェーバーによるムダ毛処理をご覧ください。

なるべくお金を掛けたくない人

顔の産毛を自己処理するなら顔用電気シェーバー

・細かい部分までスムーズに処理できる

顔は常に人に見られる部分ですし、皮膚もデリケートなので、できるだけ肌に優しい方法で処理してください。そこで一番おすすめなのが顔用電気シェーバーです。普通の電気シェーバーでも、肌への優しさは変わりませんが、顔用はヘッド部分がコンパクトになっているので、眉や唇のきわなど細かい部分もスムーズに処理できます。

・サロンやクリニックに行く前の自己処理にもおすすめ

価格はさまざまですが、2000~3000円程度のものが主流です。1度購入すれば長く使えるものなので、しばらく自己処理を続ける予定であれば、購入して損はないでしょう。

また、脱毛サロンでの光脱毛や、クリニックでの医療レーザー脱毛の照射前にも、自分で毛を剃っておかなければならないので、いずれサロンやクリニックでの脱毛を考えている人であっても1台買っておくと便利です。

顔用電気シェーバーの正しい使い方は、「顔脱毛の全知識」の顔用電気シェーバーの項を参照してください。

VIOを処理するならブラジリアンワックス

ブラジリアンワックスは、VIOの処理のために作られたワックスです。一気に広範囲を処理することができ、毛根から毛を抜くため仕上がりも美しいです。

また、何度処理しても再び毛が生えてきますが、その分、気軽に試してみることもできます。サロンやクリニックでVIO脱毛する前に、脱毛した感じを味わってみたい、という場合にもおすすめできます。

ただ、毛根から毛をなくす処理なので、ブラジリアンワックス処理をした後、サロンやクリックで脱毛する場合は、1カ月以上空けてからにしてください。

その他詳細は、ブラジリアンワックス(ワックス脱毛)によるムダ毛処理をご覧ください。

その他の部分を処理するなら電気シェーバー

電気シェーバーは刃が直接肌に当たらない設計になっているので、肌にも優しいですし、誰でも簡単に短時間で広範囲の処理を行うことができるので、初めての脱毛する人にもおすすめです。

有名メーカーのものであっても2000~3000円で購入できますので、これからもしばらく自己処理を続ける予定であれば、ぜひ購入を検討してみてください。

顔用電気シェーバー同様、こちらも脱毛サロンやクリニックに通っている間の自己処理用としても使用できるので1台買っておくと重宝します。

電気シェーバーでの処理に関する詳細は、電気シェーバーによるムダ毛処理をご覧ください。

面倒くさがりの人

かつ、なるべくお金を掛けたくない人

電気シェーバーでの処理は肌に優しいのですが、使用後のシェーバーの手入れに少々手間が掛かります。そしてこの手入れを怠ると、器具に雑菌が繁殖し、肌トラブルの元になってしまいます。せっかく肌に優しいと思って購入しても、これでは意味がありません。

面倒くさがりでかつなるべくお金を掛けたくない人は、脱毛クリーム(除毛クリーム)か脱色がおすすめです。脱毛クリーム(除毛クリーム)での処理は、非常に短時間で行えますし、器具の手入れも必要ありません。また、脱色クリームでムダ毛を目立たなくする方法なら、短時間で処理できる上に、処理の頻度も1カ月に1~2回で済みます。

ただ、両方共薬品を使っているものなので、肌の弱い人は必ずパッチテストをしてから、行うようにしましょう。

詳しくは、脱色によるムダ毛処理脱毛クリームによるムダ毛処理をご覧ください。

お金を掛けても面倒を省きたい人

お金を掛けても面倒を省きたい人は、早々に脱毛サロンやクリニックで処理してしまうのが一番です。

「そもそもサロンやクリニックに通うのが面倒くさい」という気持ちも分かります。しかし、サロンやクリニックで脱毛を完了させれば、その後はムダ毛処理に関する時間をほぼゼロにできます。つまり、長い目で見れば早めにサロンやクリニックで脱毛を完了させた方が、脱毛の面倒くささから解放されるのです。

サロンとクリニックの違いに関する詳細は、脱毛サロンと医療レーザー脱毛の比較をご覧ください。

サロンやクリニックに行かず、ほぼ自己処理が必要ない状態にしたい人

スタッフに処理してもらうのは恥ずかしい、サロンやクリニックが遠くにしかないなど、サロンやクリニックに行かず、ほぼ自己処理が必要ない状態にしたい人には、誰でも簡単に使用できる家庭用脱毛器をおすすめします。

詳細は、家庭用脱毛器によるムダ毛処理をご覧ください。

ムダ毛は薄いが少し気になる人、今の処理を少しでも楽にしたい人

抑毛ローションは、ムダ毛を抜いたり剃ったりするためのものではなく、ムダ毛の成長を抑えるものです。今あるムダ毛がすぐになくしたり、目立たなくしたりはできません。

しかし、剃ったり抜いたりするほどでもないけど、少しムダ毛が気になるという人や、少しでもムダ毛を少なくして、今のムダ毛処理を楽にしたい、と願っている人には最適です。効果が出てくるまでには、2~3カ月掛かりますが、1000円程度から購入でき、お風呂上がりなどに肌に塗布するだけでよいので、気軽に始められます。

詳しくは、抑毛ローションによるムダ毛処理をご覧ください。

カミソリと電気シェーバーの比較

カミソリは電気シェーバーが電動になったものではない

カミソリと電気シェーバーの一番の違いは、刃が直接肌に当たるかどうかです。カミソリは、肌に直接刃が触れるので、慎重に処理を行わなければ、肌を傷つける可能性があります。電気シェーバーは肌に直接刃が当たらないので、肌にやさしく、敏感肌の人にもおすすめです。

カミソリ・電気シェーバー比較表

カミソリ 電気シェーバー
肌への優しさ バツ肌に直接刃が当たるので、肌への負担が大きい マル肌に直接刃が当たらないため、肌に優しい
価格 サンカク安価で購入できるが、1カ月に1回程度刃の交換が必要 サンカク1台2000~3000円するが刃の交換は1年に1回程度でよい
処理後の手触り マル深剃りできるので、ツルツルになる サンカクカミソリよりも浅剃りなので、少しチクチクする
器具の手入れ マル軽く洗って乾かし、清潔な場所に保管するだけ バツブラシなどで毛を取り除いた後、専用の洗浄剤などで洗う

こんな人はカミソリがおすすめ

器具の手入れが面倒な人

電気シェーバーは、使用後の手入れを怠ると、雑菌が繁殖する可能性があります。そういった器具を使い続けるのは、肌トラブルの元です。カミソリであれば洗って乾かすだけなので、手入れに時間が掛かりません。

こんな人は電気シェーバーがおすすめ

敏感肌の人や肌トラブルが起こりやすい人

肌に優しい電気シェーバーなら、敏感肌や肌トラブルが起こりやすい人でも、肌に大きな負担をかけることなく、処理できます。

小学生など低年齢の子ども

小学生など低年齢の子どもがムダ毛処理を行う場合、簡単にかつ安全に処理できる電気シェーバーでの処理がおすすめです。慣れればすぐに一人でも行えるようになります。

その他、カミソリでの処理についての詳細はカミソリによるムダ毛処理を、電気シェーバーでの処理についての詳細は電気シェーバーによるムダ毛処理をご覧ください。

脱毛サロンと医療レーザー脱毛の比較

脱毛サロンと医療レーザー脱毛の違い

脱毛サロンでの光脱毛とクリニックで行われる医療レーザー脱毛の一番大きな違いは、機器のパワーです。日本では、毛乳頭や皮脂腺開口部などをレーザーで破壊する行為は、医療行為になるため、医師のいるクリニックでしか行うことができません。

サロンやエステでは、毛乳頭や皮脂腺開口部などを破壊しない程度の光を照射し、何度も行うことでこれらの部分にダメージを与え、脱毛しています。

つまり、クリニックのほうが脱毛効果が高く、短い期間で脱毛を完了できるのです。

脱毛サロン・医療レーザー比較表

脱毛サロン 医療レーザー
脱毛期間 バツ1~2カ月に1回
12~18回で完了
二重マル1~2カ月に1回
5~9回で完了
痛み マルゴムでパチンと弾かれる程度
全く痛みがないという人もいる
バツ毛抜きで抜いた時と同じような軽い痛みという人から、声を上げるほど痛かったという人までさまざま。麻酔をしてくれるクリニックもある
料金 マルキャンペーンなどを利用すればかなり安く脱毛できる場合も サンカク総額はサロン相場の2~3倍くらいになる場合が多い

こんな人は脱毛サロンがおすすめ

時間が掛かってもいいので安く脱毛したい人

少しでも安く脱毛したなら、クリニックよりも脱毛サロンがおすすめです。1年中さまざまなキャンペーンが行われており、部位脱毛ならかなり安価で受けることができます。

痛みに弱い人

光脱毛の痛みは、ゴムでパチンと弾かれる程度と言われています。また、人によっては全く痛みを感じなかったという人もいます。

クリニックでは、脱毛の際に麻酔をしてくれるところもありますが、麻酔を使うと、麻酔の効果が出るまで施術を行えないため、1回の処理時間が長くなります。

こんな人は医療レーザーがおすすめ

とにかく早く脱毛を完了させたい

日々忙しく、脱毛に時間を掛けられないなど、とにかく早く脱毛を完了させたい人は、医療レーザーが一番おすすめです。5~9回通った後は、ほぼ自己処理が必要なくなります。

脱毛サロンに通ったけど、満足できなかった

脱毛サロンに通ってみたけど思うように効果が得られなかった人や、何度も通っているのに脱毛が完了しない人は、より効果の高いクリニックに切り替えるのもよいでしょう。いきなり切り替えるのではなく、まずは体験コースなどで試し、カウンセリングを受けてみてください。

その他、脱毛サロンでの処理についての詳細は脱毛サロンでのムダ毛処理を、医療レーザーでの処理についての詳細は医療レーザーでのムダ毛処理をご覧ください。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの比較

家庭用脱毛器と脱毛サロンで使用する脱毛器の違い

フラッシュ式家庭用脱毛器であれば、脱毛サロンで使用されているものと大きな違いはありません。ただ、フラッシュ式家庭用脱毛器は非常に多くの製品が発売されており、製品によって効果が異なるので、購入した脱毛器が自分の肌に合わなかった場合、なかなか効果が実感できない可能性もあります。

家庭用脱毛器・脱毛サロン比較表

家庭用脱毛器 脱毛サロン
手軽さ マルいつでも思い立った時にできる バツ自分が行きたい日に予約が取れないこともある
仕上がりの美しさ サンカク背中など自分の手が届きにくい場所は、きれいに処理ができない マルプロの手できれいに脱毛してもらえる
価格 サンカク1万円~10万円 サンカク全身脱毛1回あたり1万円~部分脱毛はキャンペーンなどを利用すれば数千円で完了できることもある

こんな人は家庭用脱毛器がおすすめ

どうしても人に処理してもらうのが恥ずかしい人

どうしても人に処理してもらうのが恥ずかしい人は、家庭用脱毛器での脱毛がおすすめです。ただ、脱毛サロンでの処理も数回通ううちに、恥ずかしさを感じなくなったという人も多いです。

家族などと一緒に複数人で脱毛器を使用する人

最近は男女、年齢問わず脱毛をしてみたいと言う人が増えています。1台の脱毛器を何人かで一緒に利用できれば、リーズナブルな上、手の届かない部位などをお互いに照射することができます。

こんな人は脱毛サロンがおすすめ

ワキなどキャンペーンが行われている部位だけ処理したい人

ワキやVIOなど、よくキャンペーンが行われている部位だけを脱毛したい人は、脱毛サロンでの脱毛がおすすめです。脱毛サロンのキャンペーンといえば夏のイメージですが、実は顧客が減る冬にもお得なキャンペーンを行っていることが多いので、是非公式サイトなどをチェックしてみてください。

背中やI・Oゾーンなど自分の手の届きにくい部分も脱毛したい人

家庭用脱毛器の取り扱いは簡単で誰でもできるものですが、やはり背中やI・Oゾーンなど手の届きにくい場所をきれいに処理するのは難しいです。こういった部分の処理を考えている人は、脱毛サロンに通ったほうがよいでしょう。

その他、脱毛サロンでの処理についての詳細はカミソリによるムダ毛処理を、電気シェーバーでの処理についての詳細は電気シェーバーによるムダ毛処理をご覧ください。

 

以上、ムダ毛処理の全方法比較シートと部位別のおすすめ自己処理方法、各種処理方法の比較・解説でした。これだけの方法があるのですから、それぞれの事情や要望をカバーできる脱毛法が必ず見つかります。焦らずじっくり考えて、自分にぴったりの脱毛方法を見つけてください。

×