電気シェーバーによるムダ毛処理 |メリット・デメリットと正しい使い方

ここでは、電気シェーバーによるムダ毛処理のメリット・デメリットや正しい使い方などについて詳しく説明します。

電気シェーバーによるムダ毛処理のメリット・デメリット

電気シェーバーによるムダ毛処理は、刃が直接肌に当たらないので、無料・格安で行う自己処理の中では一番肌に優しいです。

カミソリや毛抜き、脱色剤に比べ高価ではありますが、一度購入すれば何度でも使用できるので、長い目で見れば経済的です。また、毎回洗浄するので、家族と共用することもできます。

それでは、電気シェーバーによるムダ毛処理のメリット・デメリットについて具体的に見ていきましょう。

電気シェーバーによるムダ毛処理のメリット

肌に直接刃が当たらないので、肌に優しい

電気シェーバーは、刃が直接肌に当たらないように設計されているので、肌を傷つける心配がありません。取扱説明書さえ読めば、誰でも安全に取り扱うことができるので初めて自己処理を行う子どもにもおすすめできます。カミソリに比べ、処理中の肌当たりも優しいです。

VIOラインにも使用できる

肌に優しく、取り扱いも簡単なので、カミソリや毛抜き、脱毛クリーム(除毛クリーム)での処理が難しいVIOラインも安全に自己処理できます。

腕や足、ワキの処理をする一般的な電気シェーバーでも処理することができますが、ヘッド部分の幅が細いIライン専用の電気シェーバーなども販売されていますので、そちらを使えば、より簡単に処理できます。

いつでも手軽に広範囲の処理ができる

軽くシェーバーを押し当てるだけで除毛できるので、処理に時間がかからず、手軽に広範囲の処理が可能です。また、ドライ剃り(肌が乾いた状態で処理すること)もできるので準備に時間がかからないのも魅力です。

電気シェーバーによるムダ毛処理のデメリット

カミソリより浅剃りなので、残った毛が目立ちやすい

電気シェーバーは肌に直接刃が当たらない分、浅剃りになります。わずかな差ではありますが、直接刃を当てて処理するカミソリと比べると残った毛が目立ちやすく、剃り跡が気になると感じる人もいます。

また、浅剃りになる分、処理後の保ちも悪くなるので、1週間に2~3回の頻度で処理を行う人が多いです。

中には、もっと高頻度で処理をしたいと思う人もいるかもしれません。しかし、いくら肌に優しいとはいえ、何度も行えばそれだけ負担をかけてしまいます。2~3日間隔を空けて使用するようにしましょう。

処理中の音が気になる人も…

最近は静音性に優れた機種も販売されていますが、モーターを使うものなので、カミソリや毛抜きでの処理に比べると、かなりの作動音がしてしまいます。

「慣れれば気にならない」という意見もありますが、音の響きやすい住まいの場合、夜中に使用しないなど、家族や周りの人への配慮が必要です。

電気シェーバーの手入れに手間がかかる

手入れの方法は機種により異なりますが、ヘッド部分を分解し、専用ブラシで毛を取り除いたり、水洗いをして乾かしたりするのに、思いの外時間を取られてしまいます。また、1年に1~2度は刃を交換しなくてはなりません。

手入れをせずに使用し続けると、シェーバーの寿命が短くなってしまうだけでなく、シェーバー内に雑菌が繁殖するなどして、肌トラブルの原因となる恐れがあります。

これらのメンテナンスを面倒だと感じ、怠ってしまう人は電気シェーバーの使用に向いていません。

正しい電気シェーバーの使い方

それでは、正しい電気シェーバーの使い方について見ていきましょう。もちろん、機種によって使い方が異なる部分もありますので、使用する前には必ず取扱説明書をよく読んでください。

1.使用する電気シェーバーの刃をよくチェックする

使用する前に、電気シェーバーの刃をよく確認してください。刃の一部が欠けてしまっていたり、刃が錆びついていた場合、きれいに処理することができませんので、必ず刃を交換してください。

多くの機種で1年に1回の交換が推奨されています。自分がいつ刃を交換したか記録しておくようにしましょう。

2.処理する部分を清潔にし、毛を短くしておく

まずは、処理する部分を清潔にしましょう。入浴する時間が取れない場合には、きれいなタオルで拭き取るだけでも構いません。くれぐれも汗をかいた状態で、そのまま処理しないようにしてください。

また、毛が長いまま処理すると、絡まって毛根から抜けてしまったりすることがあります。事前にはさみなどを使って、ある程度毛を短くしておきましょう。

長いままの毛を処理できる電気シェーバーも販売されていますが、毛が長いと処理中の場所が見にくくなってしまうので、やはり短くしておいた方がやりやすいです。3~5ミリ程度の長さであれば、誰でも簡単に処理できます。

3.時間がある場合には、より肌に優しいウェット剃りを

一般的な電気シェーバーは、何もつけずに処理することを前提に作っているので、ドライ剃りしても問題ありません。

しかし、シェービングフォームなど塗り、ウェット剃り(肌を濡らした状態で処理すること)すると、滑りがよくなり、より肌に優しく、美しく仕上げることができます。時間がある場合には、シェービングフォームなどを使いウェット剃りするようにしましょう。

※水洗いできるタイプでも、シェービングフォームを使用できない機種もあります。事前に説明書を確認してください。

4.肌に対してぴったりと当て、強く押しつけない

電気シェーバーは、肌に対して垂直に使うことを前提に作られています。ヘッド部分を肌にぴったりとくっつけ、軽く押し当てるように動かすのが美しく剃るコツです。

この時、しっかり剃りたいからといって、強く押し当てすぎると、シェーバーが破損してしまい、肌を傷つけてしまうことになります。シェーバーはかならず軽く押し当ててください。

5.毛の流れに沿って処理する

機種によっては、毛の流れに逆らって剃る、逆反りをすすめているものもあります。もちろん、そういった製品は逆反りをしても肌を傷つけないように設計されており、その方が美しく仕上げることができます。しかし、より肌に優しく処理したい場合には、毛の流れに沿って処理する方がよいです。

6.湾曲している部分や皮膚がたるんでいる部分は、皮膚を平らにして使用する

ワキのように湾曲している部分や、ヒジやヒザの内側など皮膚がたるんでいる部分は、できるだけ皮膚を伸ばし、軽くひっぱって平らにしながらヘッド部分を押し当てると、より美しく仕上げることができます。

たるんだままの状態で使用すると、肌を傷つけてしまう可能性があるので注意してください。

7.何度も同じ場所に押し当てない

もっと短くツルツルにしたいからといって、何度も同じ場所に電気シェーバーを押し当てるのはやめてください。シェーバーで長時間摩擦されると肌に大きな負担をかけてしまいます。

できるだけ短時間で処理するようにしましょう。

8.処理後は冷やしたタオルでクールダウンし、しっかり保湿する

処理後の肌は、乾燥しやすい状態になっています。まずは冷やしたタオルで処理した部分をクールダウンさせて、毛穴を引き締めましょう。

その後、普段使用している化粧水やボディクリーム、ワセリンなどでしっかり保湿するようにしてください。

電気シェーバーを選ぶ時に確認したいポイント

ここでは、電気シェーバーの選ぶ時に確認しておきたい点について説明します。

現在、各メーカーからさまざまな電気シェーバーが発売されています。安いものは1000円程度から、人気機種でも2000~3000円から購入することができます。

長く使用できるものなので、安価なものに飛びつかず、自分が使用する場面や処理する部分に合わせて選ぶようにしましょう。

丸ごと水洗いできる(防水仕様)かどうか

現在、販売されている女性用電気シェーバーの多くは水洗い可能です。雑菌の繁殖を防ぎ、清潔に使うためにも水洗いできる製品をおすすめします。

また、水洗いできる製品の中でもヘッド部分のみを水洗いできるものと、丸ごと水洗いできるもの(防水仕様のもの)があります。丸ごと水洗いできるものは手入れがより簡単で、浴室でも使用できます。

充電式か電池式か

女性用電気シェーバーは、身体のさまざまな部位に使うことを想定しているため、コードレスのものが主流です。電源には充電式のものと電池式のものがあります。

充電式

メリット
・いちいち電池を購入しなくていいので経済的。
デメリット
・ 電池式のものより高く、バッテリーに寿命がある。

電池式

メリット
・充電式のものより安く手に入り、乾電池さえ用意すればすぐに使用できる。
デメリット
・電池がなくなるたびに買わなければならない。

日常的に使用するなら、電池を買う必要のない充電式の方がよいでしょう。たまにしか使用しない場合や、出張や旅先にも持って行きたい場合には、充電の心配をしなくてよい電池式の方が便利です。また、電池式のものであっても充電式電池を使用すればいちいち電池を購入する手間が省くことができます。

どの部分の処理に使うか

女性用電気シェーバーの多くは、1台で全身どこにでも使用できるようになっています。また、処理したい部分によってヘッド部分を付け替え、より処理しやすくなっているものもあります。

顔やIラインなどは、より使いやすい専用の製品も発売されていますので、主にどの部分に使用するかを考えてから購入するようにしましょう。

男性用の電気シェーバーを使ってもいいの?

男性用の電気シェーバー(ヒゲ剃り)は顔用に特化したものです。一般的に男性のヒゲは、女性のムダ毛により濃いのでカットパワーも強くなっています。しかし、電気シェーバーの場合、刃が直接肌に当たるわけではないので、男性用のものを使っても大きな支障はありません。

自宅に男性用の電気シェーバーしかない場合、試しに使用してみても良いでしょう。

ただ、男性にとってはヒゲを剃るためのものなので、女性がそれでムダ毛処理するのを快く思わない人もいます。また、顔用に設計されているので、その他の部分を処理するには少々大きく使いにくいです。新しく購入するのであれば、多少パワーが弱くとも女性用がおすすめです。

電気シェーバーの手入れについて

電気シェーバーを安全に使用するには、定期的な手入れが欠かせません。細かな方法は機種によって違いますが、ここでは水洗いが可能なタイプの手入れの方法を説明していきます。

1.使用後は専用ブラシなどで付着した毛を落とす

ムダ毛がついたまま放置すると、そこから雑菌が繁殖してしまいますので、使用後は必ず専用ブラシなどで付着した毛を落としてください。

2.水かぬるま湯でさらに洗い流す

付着した毛をきれいに落としたら、水かぬるま湯で洗い流してください。

3.専用の洗浄液や薬用ハンドソープを使って洗う

専用の洗浄液や薬用ハンドソープを使うと、水やぬるま湯だけでは洗い流せなかった皮脂もきれいに取り除け、除菌や消臭効果も期待できます。

4.しっかり乾燥させる

水洗いした後は、必ずしっかり乾燥させてください。完全に乾燥させないと、刃が錆びついてしまったり、嫌なにおいが残ってしまったりして、雑菌が繁殖する原因となってしまいます。

5.清潔な場所で保管する

防水の電気シェーバーであっても、浴室で保管するのは厳禁です。乾燥させて後は、必ず清潔な場所で保管するようにしてください。

ウェット剃りした後は、毎回、専用洗浄液や薬用ハンドソープを使って洗うようにしてください。

また、ドライ剃りの場合も、ブラシで毛を落とすだけでなく水洗いをした方が衛生的です。加えて2週間に1回程度は、専用洗浄剤や薬用ハンドソープを使って手入れするようにしましょう。

カミソリとの比較

最後に、同じ「ムダ毛剃る道具」であるカミソリと電気シェーバーを比較してみました。

カミソリと電気シェーバーの比較表
肌への
優しさ
処理頻度 コスト 器具の手入れ
カミソリ バツ肌に直接刃が当たるので肌が傷つきやすい マル1週間に1~2回程度 サンカク100円ショップでも買えるが、長くは使えない バツ軽く洗って乾かすのみ
電気
シェーバー
二重マル肌に直接刃が当たらないので、肌に優しい サンカク1週間に2~3回程度 マル平均2000円ほどするが、刃の交換をすれば、長く使用できる バツブラシで毛を落とした後、専用洗浄剤などを使って洗浄しなければならない

肌への負担を考えると、やはり電気シェーバーでの処理がおすすめです。ただ、器具の手入れが面倒で、きちんとできないかもしれないと感じる人は、カミソリで処理した方がよいでしょう。

きちんと手入れされていない、電気シェーバーは肌トラブルの元です。新しいカミソリで処理する方が清潔で、肌への負担も少なくなります。

 

以上、電気シェーバーによるムダ毛処理のメリット・デメリットや正しい処理方法についての解説でした。電気シェーバーによる処理のメリットは、なんといっても肌に優しいことです。電気シェーバーを新たに購入する場合、カミソリや毛抜きでの処理に比べ、最初にかかるコストは高くなってしまいますが、何度も使えるので、長い目で見ると経済的です。

また、誰でも簡単に、安全に処理できるので、初めての自己処理でも安心して使用できます。家に電気シェーバーがある場合には、ぜひカミソリではなく、電気シェーバーを使ってみてください。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
「コメントする」ボタンをクリック後、確認画面には移行しませんが事務局には送信されています。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に公開されます。

*

肌トラブルへの対処について

ムダ毛の自己処理はどうしても肌トラブルに発展しがちです。ここでは、肌トラブルに陥ってしまう事例を知って、できる限りそれを避けること、またそうなってしまったときの対処法について説明します。またこれからはじめる人は「肌トラブルを起こさないためのムダ毛処理のコツ」をお読みください。

ムダ毛処理の方法について

ムダ毛処理には色んな方法があります。全くお金のかからないカミソリや毛抜きでの自己処理からはじまり、医療レーザー脱毛による永久脱毛まで、各種ムダ毛の処理方法についてそのメリットデメリットを解説しています。時間のない方は「ムダ毛処理の全方法の比較シート」を読んでもらうとわかりやすいと思います。

サロン・クリニックで脱毛するときの注意点

脱毛に最適な年齢や、アトピー・敏感肌、妊娠・授乳中の人について、また脱毛後のケアや効果が出るまでの回数など、サロンやクリニックで脱毛するときの注意点をまとめました。

部位脱毛の全知識

脱毛部位別にメリット・デメリットや注意点、サロン・クリニックで脱毛する際の期間・回数などをまとめました。全身脱毛、VIO脱毛、ワキ脱毛、顔脱毛、ヒゲ脱毛には、脱毛のプロからの親身なアドバイスとQ&Aも掲載しています。