腕脱毛(ヒジ上・ヒジ下)の全知識|回数、間隔、医療脱毛についても

ここでは、腕脱毛(ヒジ上・ヒジ下)の回数の目安や照射の間隔などについて、サロンでの光脱毛、クリニックでの医療レーザー脱毛に分け、それぞれ詳しく説明します。

腕脱毛(ヒジ上・ヒジ下)とは?

肌が日焼けしやすい夏場に頻繁な処理が必要な腕のムダ毛

長袖を着る冬場にはあまり気にならなくても、春先から夏になると露出する機会が増え、どうしても気になってしまうのが腕のムダ毛です。

体の中でも比較的自己処理しやすい部分なので、自宅で処理している人も多いです。しかし、日焼けしやすい夏場にこそ、頻繁な処理が必要な部分なので、慎重に処理しなければ、肌トラブルを招く可能性があります。

このように気軽に自己処理できるものの、頻繁な処理で肌トラブルを招くこともある腕のムダ毛はどう処理すれば良いのでしょうか?

サロン・クリニックでの腕脱毛の範囲や、メリット・デメリット、自宅での処理についてなど順に見ていきましょう。

腕脱毛(ヒジ上・ヒジ下)の範囲

腕は基本的には、ヒジ上とヒジ下の2部位に分かれています。

ヒジ自体をどちらに含むのかを書いていないこともあるので、ヒジ下のみ脱毛をする場合は、ヒジが含まれているのかを初回カウンセリングで確認しましょう。

ヒジ上は、ヒジの付近から肩の一番出っ張っている骨まで、ヒジ下はヒジ付近から手首までとしている場合が多く、ワキや手の甲・指は含まれません。

サロン・クリニックでの腕脱毛のメリット

肌トラブルのリスクがあり、面倒な自己処理から解放される

腕は初夏から秋口にかけて毎日のように露出しているので、ムダ毛処理が欠かせない部分のひとつです。また、冬場は処理を怠りがちですが、作業中にふと腕まくりをしたとき、ムダ毛を見られてしまい、恥ずかしい思いをしたという話もよく耳にします。

こうした経験から、1年を通して毎日自己処理をしているという人もめずらしくありませんが、たとえ正しい自己処理方法であっても、毎日行えばそれだけ肌に負担がかかってしまい、肌トラブルを招く可能性が高くなります。

サロン・クリニックで脱毛すれば、その分、自己処理の頻度を抑えることができ、最終的に自己処理が必要のない程度までムダ毛を減らすことが可能です。

肌に優しく、いつでもムダ毛のないきれいな腕になる上、これまで自己処理に使っていた時間を有効に使うことができます。

自分では確認しづらい二の腕の裏側や利き手もきれいに処理できる

腕は自分でも処理しやすい部分のひとつです。しかし、二の腕の裏側などは自分で確認しづらい上に、手も届きにくく少し処理しにくいです。

また、利き手側は、利き手ではない方の手で処理しなければならないので、処理し残してしまったり、肌を傷つけてしまう可能性もあります。

サロン・クリニックで脱毛すれば、こうした部分もプロの手できれいに仕上げてもらえます。

自己処理による肌トラブルの改善が期待できる

頻繁な自己処理を繰り返していると、肌が乾燥し、肌荒れを起こしてしまうことがあります。基本的には、しばらく自己処理をせずに肌を休めることで、徐々に症状が改善していくので、過度に心配する必要はありません。

しかし、どうしてもムダ毛が気になってしまい、肌荒れを起こしているときに自己処理をしてしまい、さらに肌トラブルを悪化させるというという悪循環に陥っている人も少なくありません。

この場合、サロン・クリニックで脱毛し、自己処理の頻度を減らすことにより、肌状態の改善が期待できます。

ただし、肌荒れの症状がひどい場合には、照射を断られることがあります。照射を断られたときは、まず症状が改善するよう、対処や治療を行いましょう。

詳細は、脱毛による肌荒れの対処・治療法|きれいな肌の取り戻し方を参照してください。

サロン・クリニックでの腕脱毛のデメリット

ヒジ下だけを脱毛すると、ヒジ上との境目が気になることも

夏でもノースリーブなどの袖の短い服を着ることのない人の中には、よく露出するヒジ下のみの脱毛を希望する人もいます。

しかし、産毛までしっかり脱毛すると、肌本来の色が引き立ち、肌がワントーン明るくなる可能性が高いです。その結果、ヒジ上との境目が気になって、後からヒジ上を追加で脱毛したという人も少なくありません。

後から部位を追加すると、処理完了まで時間がかかってしまうので、最初からヒジ上・ヒジ下をセットで脱毛する方がおすすめです。

予算や時間の関係で、どうしてもヒジ下のみを脱毛したい場合は、産毛までしっかり脱毛せず、自己処理が楽になる程度の回数を目安にして、様子を見ながら進めましょう。

ごくまれに硬毛化・多毛化することがある

光脱毛も医療レーザー脱毛も、産毛の多い部分に照射すると、ごくまれに硬毛化多毛化することがあります。残念ながら、現在のところ原因が分かっていないので、完全に予防することはできません。

医療レーザー脱毛の場合、照射を受けた人の約10%の人が硬毛化・多毛化するというデータがあり、クリニックによっては硬毛化・多毛化に特化した保証制度を設けている場合もあります。

光脱毛の場合、医療レーザー脱毛よりも照射のパワーが弱い分、硬毛化・多毛化する確率も低いとされており、保証制度を設けているところはほとんどありません。しかし、あるサロンでは、顧客全体のうち硬毛化・多毛化した人の割合を約0.3%と発表していました。

ごくわずかな確率ですので、過度に心配する必要はありません。

二の腕にブツブツ(毛孔性苔癬)がある場合、照射できないこともある

二の腕にブツブツやザラザラがあり、痛くもかゆくもないけれど、一向に改善する気配がない場合、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)という皮膚疾患の可能性があります。

毛孔性苔癬とは?

毛孔性苔癬とは、皮膚と同じ色か、褐色、赤みのあるブツブツ、ザラザラとしたできものができてしまう皮膚疾患です。肩から二の腕にかけて起こる場合が多く、他に太ももの内側やヒザから下(スネ以外)に起こることもあります。

肌の表面にある角質は、通常、肌のターンオーバー(新陳代謝)とともに剥がれ落ちていくのですが、この古い角質が剥がれ落ちずに溜まってしまい、毛穴を塞いでしまうことで、ブツブツ・ザラザラになってしまうのです。

10~20代の人や、敏感肌の人、少しぽっちゃりとした人によく見られる疾患で、特に治療などを行わなくても、30代になると自然と消えていくと言われています。

また、痛みやかゆみがあることも少なく、健康上重大な問題が起こることもないので、過度に心配する必要はありません。とはいえ女性の場合、見た目が気になってしまうと感じる人が多いです。

現在のところ、原因は解明されておらず、遺伝的要素が強いとされていますが、皮膚科を受診し、適切な治療を行うことで早期改善させることができます。

症状が重い場合はまず皮膚科での治療を

ブツブツやザラザラの色が薄い場合など、比較的症状が軽い人は、サロン・クリニックでの照射が可能です。光脱毛や医療レーザー脱毛を受け、ムダ毛が抜け落ちるときに、古い角質も一緒に剥がれ落ち、症状が良くなったと感じている人もいます。

ただし、光脱毛も医療レーザー脱毛も毛孔性苔癬の専門治療ではないので、過度な期待は禁物です。

また、ブツブツやザラザラの色が濃いなど症状の重い人は、照射の光により火傷などの深刻な肌トラブルを起こしてしまう可能性があるので、照射を断られる可能性があります。

クリニックでは、医師の判断で多少症状が重くても照射してもらえることが多いです。しかし、脱毛を専門としているクリニックの場合、毛孔性苔癬の治療を行っていないので、まず別の皮膚科で治療を行うことを勧められます。

症状が重い人は、まず専門医の治療を受け、肌状態を改善してから脱毛しましょう。

1回の処理にかかる時間と金額の目安

ヒジ下のみを脱毛するか、腕全体を脱毛するかで、1回の処理にかかる時間や料金は大きく異なるので、それぞれに説明します。

サロンでの光脱毛

ヒジ下のみを処理する場合

1回の処理にかかる時間は30分程度です。ほとんどのサロンがLパーツに分類しており、1回6000円くらいが相場となっています。ただし、多回数契約すると割引になる場合が多く、5~6回のパックになると2万6000円くらいが相場になります。

腕全体を脱毛する場合

1回の処理にかかる時間は50分~1時間程度です。

ヒジ上、ヒジ下ともLパーツに分類しているサロンが多く、料金はヒジ下のみを処理する場合の2倍になるので、1回6000円×2カ所=1万2000円くらいが相場となります。また、5~6回パックの場合は、2万6000円×2回=5万2000円くらいが相場です。

また、ヒジ上、ヒジ下、手の甲・指までがセットになっているプランもありますが、脱毛し放題で19万円ほどとかなり高額です。

クリニックでの医療レーザー脱毛

ヒジ下のみを脱毛する場合

1回の処理にかかる時間は20~30分程度です。クリニックの場合、1回の料金が設定されている事が少なく、5~6回でセットになっている場合が多いです。料金設定にもかなりバラつきがありますが、5回で4万円くらいが相場となっています。

腕全体で脱毛する場合

1回の処理にかかる時間は50分~1時間程度です。ヒジ上、ヒジ下、手の甲・指がセットになった腕全体のプランは7万5000円くらいが相場になっています。

一方、セットがないクリニックでは、ヒジ上5回4万円、ヒジ下5回4万円で、合計5回8万円くらいが相場です。金額は5000円しか違いませんが、セットの場合は手の甲や指も含まれているので、かなりお得です。

期間・回数

光脱毛も医療レーザー脱毛も、毛周期という毛の生え変わりのサイクルに合わせて、2~3カ月に1度のペースで照射するのが一般的です。毛周期についての詳細は、毛周期とは?|ムダ毛が生え変わるサイクルとベストな脱毛間隔を参照してください。

また、光脱毛、医療レーザー脱毛とも、メラニン色素という黒い色素に反応する光・レーザーを照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛するので、毛の色が薄い産毛の場合には、効果が出にくくなります。

期間・回数は毛質や肌質により大きく異なりますので、あくまでも目安としてください。

光脱毛の場合、しっかり処理するなら12回以上

全体的に産毛が多い人の場合、2~3回の照射では効果が感じられないことがあります。

産毛まで完全に脱毛してしまいたい場合は、一定の料金を支払えば何度でも好きなだけ脱毛できる「脱毛し放題コース」がおすすめです。

光脱毛での腕(ヒジ上・ヒジ下)脱毛 期間・回数の目安
回数 最短の期間 状態
2~6回 4カ月~1年 効果を実感
6~12回 1~2年 自己処理が楽になる
12~18回 2~3年 ほぼ自己処理が必要なくなる

医療レーザー脱毛の場合、しっかり処理するなら5回以上

医療レーザー脱毛の場合、光脱毛よりもパワーが強いので、5回くらいでほぼ自己処理が必要ない程度まで脱毛できたと感じている人が多いです。

ただし、医療レーザー脱毛であっても1回目から効果を実感できる人はごくまれです。

医療レーザー脱毛での腕(ヒジ上・ヒジ下)脱毛 期間・回数の目安
回数 最短の期間 状態
2~3回 4カ月~半年 効果を実感
3~4回 半年~8カ月 自己処理が楽になる
5~7回 10カ月~1年2カ月 ほぼ自己処理が必要なくなる

サロン・クリニックで脱毛する際の注意点

露出することが少なくなる秋から冬にかけての開始がおすすめ

サロン・クリニックでは、メラニン色素という黒い色素に反応する光を使って脱毛します。肌が褐色に日焼けしてしまうと、光が肌にも反応してしまい、肌トラブルのリスクが高くなるので、サロン・クリニックに通っている間は日焼け厳禁です。

初夏から秋にかけては腕を露出する機会が多く、知らず知らずのうちに日焼けしてしまう可能性がありますので、夏の日焼けが癒え、腕を露出する機会も少なくなる秋から冬にかけて脱毛を開始するのがおすすめです。

秋から開始すれば、翌年の夏には、光脱毛でも自己処理が楽になる程度まで、医療レーザー脱毛なら、ほぼ自己処理が必要ない程度まで脱毛を進めることができます。

どうしても夏から腕脱毛を開始したい場合には、日焼け止めをこまめに塗り直し、日傘やUVカット効果のある上着を使用するなどして、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

事前シェービングを自分で行う場合、手首、肩付近の剃り残しに注意する

腕は比較的自己処理しやすい部位なので、事前シェービングを自分で行うという人が多いです。

事前シェービングは2日前を目安に電気シェーバーで行う

事前シェービングで肌を傷つけてしまうと、照射をしてもらうことができなくなりますので、肌に直接刃が当たらず、優しく処理できる電気シェーバーでの処理がおすすめです。

また、シェービングから照射までの間に、少し肌を休ませる方が良いので、できれば前日ではなく2日前に行うようにしてください。

手首・肩付近の剃り残しをなくすには…

事前シェービングで剃り残しがあると、シェービングのために追加料金が必要になったり、剃り残しのある部分だけ照射してもらえなかったりします。

腕の場合、特に手の届きにくい肩付近や形状が複雑で、シェーバーを当てにくい手首の剃り残しに注意しましょう。手首周りは、細かい操作ができる顔用電気シェーバーでの処理がおすすめです。

剃り残しをチェックする際、光の種類を変えると、見逃していたムダ毛を発見しやすくなります。まずは、シェービングを行った直後に室内の明かりでしっかり確認し、次に太陽の光の下でも確認しましょう。

こうして2回に分けてチェックすることで、かなり剃り残しを防ぐことができます。

二の腕の内側などに毛が生えていない場合は照射しないこともある

二の腕の内側は、肌が薄く痛みを感じやすい部分です。そして、この部分にはムダ毛がない人も多く、特に照射の必要がない場合は、照射しないことを提案されることもあります。

もちろん、今生えていないだけで、過去に生えていたことがあるなど、気になる場合は、照射してもらってください。

しかし、特に気になる点がない場合、毛の生えていないところに照射して、肌に無用な刺激を与えるよりも照射しない方が無難です。

硬毛化・多毛化が気になる人は、初回カウンセリングでしっかり確認する

前述の通り、硬毛化・多毛化する確率はごくわずかですので、過度に心配する必要はありません。しかし、どうしても気になるという人は、初回カウンセリングで硬毛化・多毛化のリスクについてしっかり確認しましょう。

医療レーザー脱毛場合は、約10%の人が硬毛化・多毛化するというデータがあり、硬毛化・多毛化に特化した保証制度を用意しているクリニックもありますので、そういった制度のあるクリニックを選んでください。

サロンの場合、医療レーザー脱毛より硬毛化・多毛化するリスクが低いので、こうした保証制度があるところはほとんどありません。

しかし、経験豊富なスタッフであれば、毛や肌の状態から硬毛化・多毛化のリスクをある程度予測できますので、心配な旨を伝え、毛質や肌質を確認してもらいましょう。

自宅での処理方法

腕は体の中でも比較的自己処理しやすい部分です。しかし、露出する機会が多く、処理が頻繁になりがちなので、できるだけ肌に優しい方法で自己処理することをおすすめします。

一番肌に優しい電気シェーバーでの処理

肌に直接刃が当たらない電気シェーバーであれば、肌に優しく自己処理できます。

体用の電気シェーバーを使えば、短時間で広範囲の処理をすることが可能です。また、手首の周りなど骨ばってでこぼこしており、細かな操作が必要な部分は、顔用電気シェーバーを使用すれば、きれいに処理できます。

体用でも顔用でも処理の手順は同じです。正しい処理方法など詳細は、電気シェーバーによるムダ毛処理 |メリット・デメリットと正しい使い方を参照してください。

他の部位も気になるなら家庭用脱毛器の購入もあり

フラッシュ式やレーザー式の家庭用脱毛器は、サロン・クリニックと同じ仕組みで肌に優しく脱毛することができます。そして、腕は自分でも照射しやすい部分なので、こうした家庭用脱毛器を購入し、自分で脱毛を進めることも難しくありません。

ただし、家庭用脱毛器は価格帯が1~10万円と実に幅広く、必ずしも効果と金額が一致するとは限りませんので、腕脱毛だけのために購入するのはおすすめしません。

また、照射しやすい部分であっても、初めのうちはなかなかうまく照射することができなかったり、何度も同じ場所を照射してしまう可能性もあるので、基本的にはサロン・クリニックでの処理がおすすめです。

どうしてもサロン・クリニックに通えない事情がある人で、腕以外にもムダ毛が気になる部分があるという人は、購入を検討してみてください。

正しい処理方法や、家庭用脱毛器の種類については、家庭用脱毛器によるムダ毛処理 |メリット・デメリットと使用時に注意したいことを参照してください。

保湿も兼ねて抑毛ローションを併用する

腕は皮脂腺が比較的少なく、乾燥しやすい部位なので、普段からしっかりと保湿しておく必要があります。この保湿の際に、抑毛ローションを使用すれば、抑毛と保湿を兼ねられるので一石二鳥です。

抑毛ローションは他の方法での処理のようにすぐに毛がなくなるわけではありませんが、多くの人が2~3カ月続けて使用することで、だんだんとムダ毛が薄くなってきたことを実感しています。

また、大豆など植物由来のイソフラボンを主原料としているので、肌に優しく、自分で手作りすることもできます。

抑毛ローションの使い方や選ぶ際のポイントなどの詳細は、抑毛ローションによるムダ毛処理 |メリット・デメリットと正しい使い方を参照してください。

以上、腕脱毛(ヒジ上・ヒジ下)の全知識|回数、間隔、医療脱毛についても、でした。腕は比較的自己処理しやすい部分ですが、皮脂腺が少なく乾燥しやすい上、初夏から秋にかけての日焼けしやすい時期にこそ、頻繁な処理が必要になってきます。

この機会に、腕のムダ毛処理についてしっかり見直し、肌に優しい処理方法を選んでください。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
「コメントする」ボタンをクリック後、確認画面には移行しませんが事務局には送信されています。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に公開されます。

*

肌トラブルへの対処について

ムダ毛の自己処理はどうしても肌トラブルに発展しがちです。ここでは、肌トラブルに陥ってしまう事例を知って、できる限りそれを避けること、またそうなってしまったときの対処法について説明します。またこれからはじめる人は「肌トラブルを起こさないためのムダ毛処理のコツ」をお読みください。

ムダ毛処理の方法について

ムダ毛処理には色んな方法があります。全くお金のかからないカミソリや毛抜きでの自己処理からはじまり、医療レーザー脱毛による永久脱毛まで、各種ムダ毛の処理方法についてそのメリットデメリットを解説しています。時間のない方は「ムダ毛処理の全方法の比較シート」を読んでもらうとわかりやすいと思います。

サロン・クリニックで脱毛するときの注意点

脱毛に最適な年齢や、アトピー・敏感肌、妊娠・授乳中の人について、また脱毛後のケアや効果が出るまでの回数など、サロンやクリニックで脱毛するときの注意点をまとめました。

部位脱毛の全知識

脱毛部位別にメリット・デメリットや注意点、サロン・クリニックで脱毛する際の期間・回数などをまとめました。全身脱毛、VIO脱毛、ワキ脱毛、顔脱毛、ヒゲ脱毛には、脱毛のプロからの親身なアドバイスとQ&Aも掲載しています。