女性なのにヒゲが生えるのはなぜ?|原因と対策&正しい自己処理方法

ここでは、女性の口周りやアゴに生えるムダ毛、いわゆる「女性のヒゲ」についての自己処理方法や、女性なのにヒゲが濃くなってしまう原因について詳しく説明します。

男性のヒゲについては、ヒゲ脱毛の全知識と脱毛のプロが答えるQ&Aで詳しく説明していますので、男性のヒゲについて気になる人は、そちらを読んでみてください。

女性のヒゲとは?

ヒゲ=口周りやアゴの産毛のこと

近年、「女性のヒゲ」という言葉を目にすることが多くなりました。しかし、「ヒゲ」と言っても男性のようにしっかりとした毛がたくさん生えていることは、ほとんどありません。

一般に、口周り・アゴの産毛や数本だけ生えてしまう太い毛のことを指して「女性のヒゲ」と呼んでいることが多いです。

写真で見る女性のヒゲの事例

口周り両端の産毛が濃い例

女性であってもヒゲが生えるのは珍しいことではない

前述の通り、女性の場合、男性のように濃いヒゲが生えることはほとんどありません。

しかし、性別に関係なく顔に産毛は生えるので、口周りやアゴにも産毛が生えるのは当然のことです。また、生まれつき体毛の濃い人は、口周りやアゴの産毛も濃くなる可能性が高いです。

このように女性であっても、いわゆる「ヒゲ」が生えてしまうのは珍しいことではありません。ただし、顔は常に露出している部分で肌もデリケートなので、自己処理をするときには、必ず正しい手順で行ってください。

詳しくは、女性のヒゲの正しい自己処理方法の項で説明します。

女性のヒゲについての男性意見

「女性の産毛に対する男性の意識」について、カミソリなどの美容用品を販売する貝印が行った調査の結果をまとめました。

顔の産毛はきちんと処理してほしいという意見が多数

「女性に対してどこの産毛(太くて濃いムダ毛は除く)をきちんと処理してほしいと思いますか?上位3つまで選んでください」という質問に対し、65%以上の男性が「顔(口周り)」と回答しています。

次いで53.8%の人が「顔(頬)」と答えており、以下、背中・肩20.2%、お腹も同じく20.2%、手の指12.5%と続きます。

この調査から、圧倒的多数の男性が「顔の産毛をきちんと処理してほしい」と思っていることが分かりました。

急接近した時に気になるのもヒゲ

続いて「女性と急接近した時、女性の顔で気になるのはどこですか?上位3つまで選んでください」という質問に対しては、「目の下のくま」(33.7%)や「唇のかさつき」(32.7%)を抑え、約40%の男性が「産毛(ヒゲ)が伸びている」と回答しています。

一方、女性に「男性と急接近した時に自分の顔で気になるところはどこですか?上位3つまで選んでください」と質問したところ、「毛穴の黒ずみ」(50%)、「毛穴の開き」(45.2%)といった回答が多数を占めました。

しかし、「毛穴の黒ずみ」や「毛穴の開き」を気にする男性は30%にも満たず、男女で気にしている部分が異なることが分かりました。

彼女の産毛が気になっても指摘しない人も多い

このように、女性のヒゲが気になるという男性は非常に多いです。しかし、気になっていても、なかなか指摘しづらく、見て見ぬふりをするという人も少なくありません。

彼女のヒゲ(口周りやアゴ下の産毛)に気づいたらどうしますか?

  • 冗談っぽく指摘 31%
  • 真面目に処理をすすめる 28%
  • 見て見ぬふり 41%

回答者 7291人(脱毛の学校調べ)

やはり、見て見ぬふりをする人が41%と決して少なくないことが分かりました。とはいえ、冗談っぽく指摘(28%)、真面目に処理をすすめる(31%)、と何らかの形で指摘をする派が過半数を超えています。

「歯に青のりがついているよ」など、すぐに対応できることであれば、そのとき多少恥ずかしい思いをしても、指摘してもらった方がありがたいと感じる人も多いです。

しかし、冗談っぽく「ヒゲが生えてるよ!(笑)」と言われても、真面目に「ヒゲが生えてるから剃った方がいいよ」とアドバイスされても、その場ですぐ剃ることはできないので、その後、ただただ恥ずかしい思いをするだけになってしまいます。

かといって、気になっているのに見て見ぬふりをされるのも嫌なものです。

男性にどう対応されても、その場ですぐに処理することはできないので、出掛ける前には必ずヒゲチェックすることをおすすめします。

急にヒゲ(体毛)が濃くなったときに考えられる原因と対策

繰り返しになりますが、女性であってもヒゲが生えていることは珍しくありません。しかし、ヒゲを含めた体毛が急に濃くなってきた場合には注意が必要です。

原因はホルモンバランスの乱れ

急に口周りやアゴ、胸や背中、耳などに濃い毛が生えて来た場合に考えられる原因のひとつがホルモンバランスの乱れです。

女性も男性も、身体の中には女性ホルモンと男性ホルモンという両方のホルモンを持っています。そして、男性ホルモンから分泌されるテストステロンには、ムダ毛を濃くする働きがあります。

つまり、身体の中で男性ホルモンが増加したり、女性ホルモンが減少したりして、ホルモンバランスが乱れると、全体的に体毛が濃くなり、女性であってもヒゲが濃くなってしまう可能性があるということです。

女性ホルモンが低下したときに見られる症状

女性ホルモンが低下したときには、以下の症状が見られます。

  • 生理不順
    生理の周期が長くなったり、短くなったりする。生理以外のときに性器から出血(不性器出血)する
  • 自律神経失調症状
    のぼせ、ほてり、発汗、冷えなど
  • 精神神経症状
    頭痛、抑うつ、イライラなど

対策・改善方法

20~30代の女性の場合

20~30代の女性で、これらの症状が見られた場合、若年性更年期障害、あるいはPMS(月経前症候群)の可能性があります。そして、こうした症状が生理の周期に関係なく、常に現れる人は若年性更年期障害の可能性が高いです。

生理がない状態が長く続くと、回復しない可能性があるので、生理がない人は早めに専門医を受診しましょう。病院では、生理がない原因が早期閉経なのか、卵巣の機能低下なのか、生活習慣やストレスによるホルモンバランスの乱れなのかを特定し、治療を行います。

40~50代の女性の場合

40~50代の女性の場合、更年期障害の可能性が高いです。更年期障害とは、加齢によって卵巣の機能が低下し、ホルモンバランスが乱れることで、自律神経のバランスも崩れてしまう症状を指します。

加齢によって引き起こるものなので、誰しもが経験をすることですが、症状の現れ方は人それぞれです。

症状が軽い場合、まずは毎日、3食きっちりと食べ、睡眠時間をしっかりと摂り、規則正しい生活をするなど、日常生活の見直しを行うことで自律神経を整えましょう。

そして、ウォーキングやサイクリング、ジョギングなどの有酸素運動を行い、ストレスを溜めないように生活することで、症状を和らげることができると言われています。

こうしたセルフケアで症状が改善しない場合は、無理をせず、早めに更年期外来などの専門医を受診しましょう。

男性ホルモン増加したときに見られる症状

男性ホルモンが増加したときには、以下の症状が見られます。

  • 体毛が濃くなる
  • 髪の毛が薄くなる
  • 皮脂分泌量が増え、にきびができやすくなる

対策と改善方法

生理や妊娠によって分泌量が大きく異なる女性ホルモンと異なり、閉経前の女性の体の中で分泌される男性ホルモンの量は大きく変動することがありません。

しかし、ストレスが溜まると、それまで一定量分泌していた男性ホルモンがやや増加してしまうことがあります。

人間の体はストレスが溜まると、腎臓のそばにある副腎の外装部分・副腎皮質からコルチゾールという抗ストレスホルモンを分泌します。そして、このコルチゾールには男性ホルモンを増加させる働きがあるのです。

男性ホルモンを増加させないためには、ストレスを溜めないことが大切です。まずはしっかりと睡眠を摂り、リラックスできる時間を作るようにしてください。また、友達と話したり、趣味を作ったりしてこまめに気分転換するのも有効です。

多嚢胞性卵巣症候群という疾患を知っていますか?

急に体毛が濃くなってきた、という以外に、

・生理不順
・不性器出血(生理以外の出血)
・不妊
・ニキビが多い
・肥満

などの症状が見られる人は、多嚢胞性卵巣症候群(たのうほうせいらんそうしょうこうぐん)という疾患の可能性があります。

これは卵巣に排卵の元となる卵胞はあるのに、排卵がうまく起こらないという疾患で、妊娠可能な年齢の女性の約6~8%に見られると言われています。

決して珍しい疾患ではありませんので、上記の症状が複数当てはまる人は、一度医師に相談してみることをおすすめします。

ホルモンバランスのみ誰から女性でもしっかりヒゲが生えてしまう人もいるんだよ

実は女性でも、ごくまれにしっかりとしたヒゲが生えてしまう人もいるんです。

女性芸人の緒方夏美さんは、まるで男性のようにしっかりとしたアゴヒゲが生えています。高校生の頃、アゴの下に1~2本太い毛が生えてきたのをきっかけに、どんどんヒゲが生えていったんだって。

他の部分と同じように剃っていたからどれくらい生えているのか気にしていなかったけど、芸人になったのをきっかけに伸ばしてみたら、思った以上に伸びてきたって話していたよ。

その後、ある番組で緒方さんのヒゲについて詳しく調べたら、やっぱりホルモンバランスの乱れが原因ということが分かりました。

ホルモンバランスの乱れがきっかけで、男性のようにしっかりとしたヒゲが生えてきてしまうこともあるということなので、異変を感じたら、早めに病院に行って、適切な治療をしてもらうことをおすすめします!

女性のヒゲの正しい自己処理方法

一番手軽で安全なのは顔用電気シェーバーでの処理

顔の産毛を自己処理するときは、刃が肌に直接当たらないようにガードがついた顔用電気シェーバーを使って行うのが一番手軽で安全です。

口周りやアゴには凹凸があるので、ボディー用電気シェーバーではうまく処理することができません。できるだけ、顔用電気シェーバーを用意してください。

購入の際には、必ず刃が直接肌に当たらないようにガードがついたものを選びましょう。さまざまなメーカーの物がありますが、3000円程度で購入できるパナソニックのフェリエシリーズが特に人気です。

用意するもの

  • 顔用電気シェーバー
  • 普段使用している顔用スキンケア用品(乳液やワセリンなど)
  • ティッシュペーパー
  • コットン(ティッシュペーパーでも代用可能)

手順

  1. 化粧を落とし、普段通りのスキンケアを行う。
  2. 処理する部分に乳液やワセリンなど肌の滑りが良くなるものを塗る。
  3. 蒸しタオルで肌や毛を温めて毛を柔らかくする。
  4. シェーバーを持っていない方の手で肌を軽く抑え、シェーバーで上から下へ、肌をさっとなぞる。
    ポイント1:肌の上をなぞるのは1回だけにすること。何度も同じ部分をなぞると角質層が薄くなりすぎてしまい、肌トラブルの原因となります。

  5. 途中、肌が乾燥してきたと感じたら、随時、乳液やワセリンを塗りながら進める。
    ポイント2:シェーバーに乳液やワセリン、処理した毛がついたままだと、きれいに処理できないので、テッシュペーパーでこまめに拭うこと。
  6. シェービングが終わったら、濡らしたコットンやテッシュペーパーで処理した部分を拭き取り、水かぬるま湯で洗顔する。
    ポイント3:シェービング後は肌が敏感になっているので、洗顔料やせっけんは使用しないこと。
  7. 最後に普段通りのスキンケアを行う。

2~3日に1回、夜の処理がおすすめ

正しい方法で処理をしても、処理後の肌は敏感です。処理後すぐ、外に出て紫外線に当たってしまうと、しみやくすみの原因となってしまう可能性があるので、なるべく夜のうちに処理しましょう。

また、毎日処理すると肌に大きな負担がかかってしまうので、2~3日に1回を目安に行ってください。顔用電気シェーバーが用意できず、I字カミソリで処理する場合、肌への負担が更に大きくなりますので、1週間に1回程度が目安となります。

使用後の顔用電気シェーバーの手入れについて

使用後のシェーバーは、清潔な布で付着物を拭き取り、ドレッサーの引き出しなど、清潔で乾燥したところに保管してください。

また、1~1年半を目安に刃を交換するようにしましょう。

きちんと手入れできていないシェーバーや、刃が欠けたシェーバーで処理をすると、肌トラブルの原因となります。

以上、女性なのにヒゲが生えるのはなぜ?|原因と対策&正しい自己処理方法、でした。

女性であっても、口周りやアゴに産毛が生え、ヒゲのようになってしまうのは珍しいことではありません。しかし、男性は女性が思っている以上に女性のヒゲに敏感です。正しい処理方法で処理を行い、出かける前には、しっかりとヒゲチェックを行いましょう。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

×