初心者のための全身脱毛メリット・デメリット|発汗や月額制の解説も

全身脱毛をすれば、面倒な自己処理の回数を減らすことができたり、境目やムラなく全身きれいにムダ毛のない肌に仕上げることができたりと、たくさんのメリットがあります。一方で、デメリットが全くないわけではありません。全身脱毛を始める前に、メリット・デメリットについてきちんと確認しておきましょう。

全身脱毛のメリット

今後の自己処理が楽になる

何と言っても最大のメリットは、今後の自己処理が楽になることです。サロン・クリニックでの脱毛が完了した後は、ごくたまにポツポツと生えてくる毛を処理する程度で、ほぼ自己処理の必要がなくなります。

これまで全身の自己処理を1日おきに、毎回10分ずつ行っていた場合、1週間で30分、1カ月で2時間、1年間では24時間、丸1日分の時間を節約することができます。

また、1日たった10分であっても仕事や学校から帰ってきて疲れている夜や、1分でも時間が惜しい忙しい朝に、ムダ毛処理のことを考えずに済むのは、精神的な余裕にも繋がります。

境目やムラなくきれいに脱毛できる

気になる部分のみを選んで脱毛すると、脱毛が進むにつれ、処理した部分と処理していない部分との毛量の差が気になってしまうという人が多いです。

また、処理した部分は毛がなくなったことにより、肌がワントーン明るくなる場合があり、毛の量だけでなく、肌の色も違って見えることがあります。

全身脱毛なら、全ての部位をまんべんなく処理していくので、境目やムラなく全身きれいに仕上がります。

境目が気になるのはどんなとき?

ワキやVIOのように、その部分に毛が密集している場合は、そこだけ脱毛してもそれほど気になりません。部分脱毛をするときに、特に気をつけてほしいのはヒザ下です。

ヒザ上まで露出するような短いスカートや短パンを履く機会がないからと言って、ヒザ下のみを脱毛する人も多いですが、実はこれ、あまりおすすめできません。

ヒザ下の脱毛が進むにつれ、脱毛をしていないヒザ上との境目がはっきりしてしまい、お風呂に入るときなどに足を見るたびに気になって、結局、脱毛部位を追加することになったという人がとっても多いんです。

ちなみに、脱毛の学校メンバー・いとうちゃんもヒザ下のみで始めたけど、ヒザ上も気になって脱毛部位を追加したうちの一人。

「ヒザ下がきれいになってきた後、ヒザ上を見たら、それまで気にならなかったのに『ヒザ上、毛が多い!』って思っちゃったんですよ!」

とのこと。

だから足の脱毛をするときは、最初から足全体をまとめて脱毛するのがおすすめです!

部分脱毛を追加していくより総額が安く、早く脱毛が完了する

ある人気サロンでは、部分脱毛の契約を重ねて、全身を脱毛すると総額11万4000円もかかってしまいます。対して、最初から全身脱毛の契約をすれば全身全て脱毛しても4万2000円です。

サロン・クリニックにより契約の形態は異なりますが、部分脱毛を追加していくよりも、最初から全身脱毛で契約した方が、総額が安くなる場合がほとんどです。

また、部位ごとに少しずつ脱毛を完了させていくより、まとめて処理する全身脱毛の方が、完了までの時間も早くなります。

今まで気にしていなかった部分もきれいになり、ムダ毛の見落としもなくなる

全身脱毛では、サロン・クリニックが指定している部分を全て脱毛するので、これまで自分では気にしていなかった部分まできれいに処理することができます。

特に体の背面は自分の目で直接確認することが難しく、自己処理ではムダ毛を見落としてしまいがちです。

また、襟足やうなじは自分できれいに処理するのが難しい部分なので、全身脱毛で一緒に処理してもらうのがおすすめです。

自己処理で起こるトラブルを回避できる

自己処理には肌トラブルのリスクが伴います。たとえ正しい自己処理方法であっても、長年頻繁に続けていると、色素沈着を起こしたり、埋没毛ができたり、肌荒れを起こしてしまったりする可能性が高くなります。

サロン・クリニックでの脱毛は、肌に光を照射するだけなので、基本的に自己処理よりも肌に優しく、肌トラブルを起こすリスクも少ないです。

現在、自己処理による肌トラブルに悩んでいる人は、肌トラブルへの対処について記事一覧から、該当のトラブルに関する記事を選んで読んでみてください。予防法や治療法について詳しく説明しています。

コンプレックスが解消される

毛深いことがコンプレックスで、手足が出るような服を着ることができないと悩んでいる人にとって、ムダ毛処理は大きな問題です。

そして、毛深いことを気にして、毎日のように自己処理を行った結果、肌トラブルを起こしてしまい、より悩みが深くなってしまうこともめずらしくありません。

全身脱毛を行えば、毛深いというコンプレックスを解消できるだけでなく、自己処理の頻度を抑えることができるので、肌を休ませることができ、色素沈着などの肌トラブルも改善できる可能性が高いです。

男性からの評判が良くなる

女性のムダ毛に対し、肯定的な意見を持つ男性は少ないです。普段は気にしていなくても、ふとした瞬間に指の毛や鼻の下の毛が目についてしまい、その後、女性として見れなくなったという話もよく見聞きします。

また、定期的に自己処理をしていても、処理後、数日経つとムダ毛が再び伸び始め、チクチクとした感触になってしまいます。

ムダ毛のないすべすべとした手触りの肌に魅力を感じる男性は多く、全身脱毛を行うことで男性からの評判が良くなることも期待できます。

ただし、VIOに関しては、全く無毛にしてしまうと抵抗感のある男性もいますので、パートナーに相談してから行うなど、慎重に検討してください。

VIO脱毛後に関する男性意見についてより詳しく知りたい人には、VIO脱毛後の彼氏の反応は?が役に立ちます。

全身脱毛のデメリット

全身を脱毛するため費用がかかる

ワキやVIOなど人気部位の部分脱毛は、各社が頻繁にキャンペーンを開催しているため、数百円から数千円で行うことができます。

ところが全身脱毛の場合、サロンでは1回当たり2~4万円、クリニックでは5~6万円が相場です。また、契約したコースが終了しても納得のいくように脱毛できず、脱毛回数を増やす場合、追加料金が必要です。

数百円から数千円で行える人気部位の広告を見慣れていると、全身脱毛はずいぶん高額な印象を受けるかもしれません。しかし、先ほども説明した通り、部分脱毛を追加していくよりも安い料金に設定されていることが多いのは間違いありません。

1回の処理に時間がかかる

ワキのみを脱毛する場合、1回の照射時間は10分程度です。初回は説明などもあり時間がかかることもありますが、2回目以降は入店から退店まで30~40分程度で済ませることができます。

しかし全身脱毛の場合、全身を一度に照射するなら1時間半~2時間半、上半身・下半身など全身を2回に分けて照射しても1時間程度かかってしまいます。定期的にまとまった時間を捻出するのが難しい場合、通い続けるのが困難になる可能性があります。

サロン・クリニックに通っている間は日焼けができない

サロンでの光脱毛も、クリニックでの医療レーザー脱毛も、メラニン色素という黒い色素に反応する光を照射し、毛根にダメージを与えることで脱毛します。日焼けにより肌が黒くなってしまうと、肌にも光が反応してしまうので、照射をしてもらえません。

部分脱毛であれば、脱毛する箇所のみ紫外線対策を行えば良いのですが、全身脱毛となると、体の背面や手、足先までしっかり紫外線対策を行わなければなりません。

外回りの仕事や部活などで、1年中長時間屋外にいなければならない人の場合、日焼け止めを数時間ごとに塗り直し、露出する部分をできるだけ少なくするなど、日々こまめなケアが必要です。

部位にもよるが痛みを伴う

体験者やサロン関係者への聞き込みを行ったところ、光脱毛の場合、我慢できないほどの痛みを感じたという人はいませんでした。

しかし、医療レーザー脱毛の場合、痛みに耐えられず、途中で光脱毛に切り替えたという人もいます。

ただし、クリニックによっては麻酔を使用してもらえる場合もありますので、痛みに弱いけど医療レーザー脱毛がしたいという人は、麻酔が使用できるクリニックを選んでください。

これから先、1本も毛が生えてこないわけではない

サロンでの光脱毛も、クリニックでの医療レーザー脱毛も、脱毛を完了したからといって、これから先1本もムダ毛が生えてこないというわけではありません。

日本では、毛を作り出す元となる毛乳頭を破壊する行為を医療行為と定めており、医師のいるクリニックでしか行うことができません。サロンでは毛乳頭を破壊しない程度の光を照射して、減毛を行っています。

また、毛乳頭を破壊する医療レーザーの永久脱毛であっても、これから先、永久に1本たりともムダ毛を生えないようにするというのは難しく、現時点での脱毛はどの方法であっても、ある程度の期間、ムダ毛の少ない状態を維持できるものでしかありません。

とはいえ、光脱毛、医療レーザーとも、脱毛完了後、以前のようにしっかりとムダ毛が生えてきたという人はほとんどおらず、多くの人がたまに生えてくる数本のムダ毛を処理するのみなので、どちらを選んでも自己処理がほぼ必要ない程度にすることは可能です。

月額制に2パターンあり、分かりにくい

近年、毎月決められた額を支払う月額制の全身脱毛コースが人気です。しかし、月額制には2つのパターンがあるので注意が必要です。

  • スポーツジム型月額制 スポーツジムの会費のように、毎月決められた金額を支払い、手続きさえ行えば、いつでも好きなときにやめられるコース
  • 分割払い型月額制 回数制と同じように、あらかじめ脱毛する回数を決めて契約するけれど、支払いは総額を分割して、毎月決められた金額を支払って行くコース

どちらも月額制と表記されていますが、内容は全く異なります。サロン・クリニックで契約する前に必ずどちらのタイプの月額制なのかを確認しましょう。

なお、月額制のほかに、

  • 回数制 あらかじめ脱毛する回数を決め、その分の料金を前払いするコース
  • 回数無制限 決められた金額を支払えば、回数無制限で照射が受けられるコース
  • 都度払い制 脱毛を行うたびに、その分の支払いを行うコース

などのコースもあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、初回カウンセリングでよく説明を聞き、自分にあったコースを選びましょう。

Yahoo!知恵袋でよく挙げられているデメリットとその回答まとめ

光脱毛や医療レーザー脱毛って人体に悪影響はないの?

光脱毛や医療レーザー脱毛って、強い光を当てるけど、人体に悪影響はないんですか?脱毛したことで、副作用があったりしますか?

  • よくある質問指数 ★★★★★

医師による回答:血管や内蔵に影響を与えることはありません

脱毛の光は肌から3~4ミリのところにしか届かないので、血管や内臓に悪影響を与えることはありません。

また、「皮膚ガンになるのでは?」という心配をする人もいますが、皮膚がんの原因となるのは紫外線です。脱毛の光は、赤外線に近いものなので、皮膚ガンになる心配もありません。

以上、初心者のための全身脱毛メリット・デメリットまとめ、でした。全身脱毛にはたくさんのメリットがあります。これらのメリットに比べれば、デメリットは少なく、過度に心配する必要のないものばかりです。

ただし、今現在非常に忙しく、定期的にまとまった時間を取るのが難しい人や、仕事や部活で日焼けを防ぐのが難しい人は、それらの問題をクリアできてから全身脱毛を始めることをおすすめします。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に表示されます。