月額制と回数制どちらがいいの?|それぞれのメリット・デメリット

脱毛サロン・クリニックにはさまざまなコースがありますが、全身脱毛の場合、大きく「月額制」と「回数制」の2つに分けることができます。ここでは、それぞれのメリット・デメリットを上げながら、自分にぴったりのコースを選ぶコツを解説します。

「月額制」がいいか「回数制」がいいかは、各自の要望により異なる

月額制回数制には、それぞれにメリット・デメリットがあります。

  • 脱毛は初めてなのか?
  • 初期費用を安く抑えたいのか?それとも総額を安く抑えたいのか?
    (残念ながら、現在のところ両方を満たすコースはありません)
  • 脱毛の予定は立てやすいのか?

など、各々の状況に応じて選ぶべきコースが異なりますので、どちらがいいかを選ぶ前に、まずは自分の状況を整理してください。

月額制には2種類ある

月額制と聞くと多くの人が、スポーツジムの会費のように、毎月決められた金額を支払い、手続きさえ行えば、いつでも好きなときにやめられるものをイメージします。

しかし、脱毛サロン・クリニックで「月額制」と表示されているものの中には、契約した総額の中から毎月決められた金額を支払うという実質分割払いのタイプもあります。

同じ月額制でも、この2つは全く内容が異なりますので、ここでは「スポーツジム型月額制」、「分割払い型月額制」として区別して説明します。

サロン・クリニックで月額制コースの説明を聞くときには、最初にどちらのタイプの月額制なのかを確認しましょう。

それではまず、スポーツジム型月額制について説明します。

スポーツジム型月額制とは…

毎月決められた額を支払い、定期的に脱毛を進めていくもの

先ほど説明した通り、スポーツジム型月額制とは、毎月決められた料金を支払い、定期的にサロン・クリニックに通って、脱毛を進めていくコースのことです。

スポーツジム型月額制のメリット

気軽に始められる

最初にまとまったお金を用意する必要がないので、気軽に脱毛を始めることができます。また、毎月決められた額を支払うだけで良いので、支払いの見通しが立てやすいです。

好きなときに脱毛を終了することができる

脱毛の進み具合は人により異なります。また、自己処理が楽になる程度で良いのか、ほぼ自己処理をしなくていいところまで脱毛したいのかによっても、必要な回数が変わってきます。

スポーツジム型月額制なら、自分の納得するところまで脱毛できたときにやめることができ、その時点で支払いも終了します。

スポーツジム型月額制のデメリット

サロン・クリニックに行けなかった月にも支払いが発生する

スポーツジムと同じように契約を続けている限り、毎月支払いが発生します。仕事や体調不良などで、月内に1度もサロン・クリニックに行けなかったとしても月額料金を支払わなければなりません。

キャンセルや変更が行いにくい

スポーツジム型月額制は「その月に脱毛を行うための料金」を支払っているので、予約のキャンセル・変更を行う際も、その月内に限られる場合が多いです。月の後半で予約の変更したいと思っても、選べる日は非常に少なくなってしまいます。

回数制に比べ、予約が取りにくい

スポーツジム型月額制の場合、その月の処理が終わった後、翌月の予約を取ることになるので、回数制や分割払い型月額制に比べ、希望通り予約を取るのが難しくなります。

詳しくは、【回数制はスポーツジム型月額制より予約が取りやすい】の項で説明します。

脱毛が完了するまで長期間かかる可能性がある

スポーツジム型月額制の場合、全身を何回かに分けて照射するサロン・クリニックが多く、分ける回数が多いほど、脱毛完了までにかかる期間が長くなります。初めに全身を何回に分けて照射するのか確認しておきましょう。

例1)1カ月1回の来店で全身を1/2ずつ照射する場合

例2)1カ月1回の来店で全身を1/4ずつ照射する場合

4カ月で全身1回の照射が完了。

つまり、例2のサロン・クリニックで脱毛する場合、例1のサロン・クリニックで脱毛する場合に比べ、2倍の期間が必要だということです。

全身脱毛が完了するまでの期間については、全身脱毛の期間と回数|効果が出るまでの目安は?【医療VS光脱毛】でさらに詳しく解説しています。

スポーツジム型月額制がおすすめの人

サロン・クリニックでの脱毛が初めての人

サロン・クリニックでの脱毛が初めての人は、まずキャンペーンなどを利用して部分脱毛をしてみるか、いつでもやめられるスポーツジム型月額制で、脱毛がどんなものなのかを体験してみてください。

何回か通って気に入ったら、総額が安く抑えられる回数制に切り替えるというのもおすすめです。

初期費用を安く抑えたい人

一度にまとまったお金を支払うのが難しかったり、不安を感じたりする人は、初期費用が安く抑えられる月額制がおすすめです。

もちろん、脱毛のための資金を貯めてから回数制の契約をするというのもひとつの手です。しかし、資金を貯めるのに何年もかかってしまうのであれば、その間に月額制で脱毛を進めた方が効率的です。

もう一つの月額制「分割払い型月額制」については、「回数制」について理解してからの方が分かりやすいので、先に「回数制」ついて説明します。

回数制とは

回数制は前払い&一括払いが基本

回数制とは、あらかじめ脱毛する回数を決め、その分の料金を前払いするコースのことを言います。サロンでの光脱毛の場合、4回・8回・12回・18回などのコースが、クリニックでの医療レーザー脱毛の場合、5回・6回・10回などのコースがあります。

一般に契約回数が多くなるほど特典が増える傾向にあり、シェービング代が無料になったり、割引率がアップしたりします。ただし、一括払いしか受け付けていないことが多いので、最初にまとまったお金を用意しなければなりません。

また、多くの場合、契約した回数をいつまでに消化しなければならないかという期限が決められており、これを保証期間と呼んでいます。

回数制のメリット

支払い総額が分かりやすい

サロン・クリニックの公式サイトでもしっかり金額が明示されており、一括払いにすれば金利手数料もかからないので、支払総額がすぐに分かります。資金を貯めてから脱毛する場合も、目標金額がはっきりしているので、計画が立てやすいです。

支払い総額が安く抑えられる

スポーツジム型月額制や分割払い型月額制に比べ、脱毛1回当たりの料金が割安になることが多く、総額で比べると一番安く脱毛することができます。

自分の好きなペースで通うことができる

スポーツジム型月額制のようにサロン・クリニックの定めるペースではなく、自分の好きなペースで通えます。

「しばらく仕事が忙しいから、次の予約は3カ月後にしよう」、「急に生理になってしまったから、1カ月予約を先延ばししよう」といった調整が可能です。

キャンセル・変更が行いやすい

回数制は「脱毛できる回数」を買い取っているので、予約の変更・キャンセルを行う際にも、保証期間内から好きな日時を選ぶことができます。

スポーツジム型月額制より予約が取りやすい

基本的にどのサロン・クリニックでも、スポーツジム型月額制より回数制や分割払い型月額制の方が予約は取りやすくなります。

次回の予約しかできないという条件は同じなのに、なぜ予約の取りやすさが異なるのでしょうか?具体的な例を上げて考えると、すぐに分かります。

  • 毎月通うスポーツジム型月額制の場合

1月分の処理が終了→2月1日~2月28日の予約が可能

2月分の処理が終了→3月1日~3月31日の予約が可能

  • 2カ月に1度通える回数制や分割払い型月額制の場合

1月の処理が終了→3月以降の予約が可能

この通り、スポーツジム型月額制の人は2月分の処理が終了しなければ3月の予約を入れられないのに対し、回数制や分割払い型月額制の人は、1月の時点で3月の予約を入れることができます。予約のストレスを少しでも減らしたいのであれば、回数制がおすすめです。

回数制のデメリット

最初にまとまったお金を用意しなければならない

前述の通り、回数制は現金やクレジットカードでの一括払いしか受け付けていないことが多く、回数に応じて10~40万円程度のまとまったお金を用意しなければなりません。

ただし、一旦クレジットカードで一括払いを行った後、自分でカード会社に申告すれば、分割払いやリボ払いにすることもできます。この場合、金利手数料は自己負担になるので、申告前に金利手数料や支払い期間について、きちんと確認しておきましょう。

クレジットカードの金利手数料について詳しく知りたい人は【クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用するときの注意点】の項を読んでみてください。

必要な脱毛回数の予測を誤ると、余計な費用がかかる

最初にまとまった回数分を購入するので、スポーツジム型月額制のように様子を見ながら、自分の好きなところで脱毛を終えることができません。

想像より脱毛が早く進み、買い取った回数が余ってしまったり、逆になかなか脱毛が進まず、回数の追加が必要になったりする場合もあります。

ただし、初回カウンセリングで経験豊富なスタッフに今のムダ毛の状態を確認してもらい、自分がどの程度脱毛したいのか相談しながら回数を決めることで、こうした事態を高確率で避けることができます。

中途解約する場合、解約手数料が必要

回数を消化する前に、転居などでサロン・クリニックに通えなくなり、解約をする場合には、解約手数料が必要です。ただし、大手サロン・クリニックであれば、全国各地に店舗があるので、転居先の近くの店舗でも脱毛を続けることができます。

転居の予定がある人は、あらかじめ転居先でも通える範囲に店舗があるか確認しておきましょう。

回数制がおすすめの人

総額を安く抑えたい人

月額制に比べ最初の負担は大きいですが、総額で比べた場合には回数制の方が安く脱毛できる上、サービスも充実しています。総額を安く抑えたい人には回数制がおすすめです。

仕事やプライベートの予定が変わりやすい人

仕事やプライベートの予定が変わりやすい人は、予約が入れやすく、キャンセル・変更も行いやすい回数制がおすすめです。

敏感肌やアトピーの人、生理の周期が乱れやすい人

敏感肌やアトピーの人もサロン・クリニックでの脱毛が可能です。ただし、肌の様子を見ながら脱毛を進めて行かなければならないので、一定のペースで通う月額制より、自分の好きなペースで通うことができる回数制をおすすめします。

肌の調子が悪くなったときには、しばらく脱毛を休めるように、保証期間の長いコースを選んでおくと、さらに安心です。

また、基本的に生理中の脱毛は避けるべきなので、生理周期が乱れやすく、急に生理になってしまう可能性がある人も、キャンセル・変更のしやすい回数制をおすすめします。

敏感肌やアトピーの人が脱毛するときに注意する点などを詳しく知りたい人には、アトピーや敏感肌でも脱毛できる?安全に脱毛するための注意点まとめを読んでみてください。

クレジットカードの分割払いやリボ払いを利用するときは金利手数料に注意

クレジットカードの金利手数料は実質年率という手数料率で表示されています。しかし、金利手数料の計算方法は非常に複雑で、予備知識のない人が利用料金と実質年率から金利手数料を割り出すのは困難です。

各カード会社の公式サイトには、支払いのシミュレーションが行えるコーナーがあり、利用額や分割回数を入力するだけで、簡単に金利手数料の総額や支払い期間を確認することができるので、そちらを利用してください。

分割払いの例)
2017年1月に30万円の支払いを金利手数料15.0%、支払い回数10回で利用
支払い期間:2017年2月~2017年11月
金利手数料:2万460円
支払い合計:32万460円

この場合、金利手数料が2万460円となるので、総額は一括で支払うよりも2万460円多くなります。

リボ払いの例)
2017年1月に30万円の支払いを金利手数料15%、毎月1万円の支払いで利用
支払い期間:2017年2月~2019年7月
金利手数料:5万7388円
支払い合計:35万7388円

この場合、支払いが完了するまでに2年6カ月もかかってしまう上、金利手数料も5万円以上必要です。金利手数料があまりに高額な場合、結果的に月額制の方が安くなる可能性があります。分割払いやリボ払いを利用するときは、必ず金利手数料を確認しましょう。

「回数制」について理解していただけたので、次にもう一つの月額制「分割払い型月額制」について説明します。

分割払い型月額制とは

回数制コースを分割で支払うようなもの

回数制と同じように、最初に脱毛する回数を決めて契約するけれど、支払いは総額を分割して、毎月決められた金額を支払って行くタイプのことを指します。分割払い型月額制の中には、総額を払い終わると回数無制限(脱毛し放題)になるものも多いです。

分割払い型月額制のメリット

初期費用が安く抑えられる

月々決められた額の支払いで良いのは、スポーツジム型と同じです。契約する金額は大きいですが、支払いは月ごとに行うので初期費用を安く抑えられます。

キャンセル・変更が行いやすい

分割払い型月額制で毎月支払っているのは「その月に脱毛を行うための料金」ではなく「契約したコースの総額を分割した1回分」です。キャンセル・変更を行う際にも、その月内での変更に限らず、翌月以降に繰り越すことができます。

スポーツジム型月額制より予約が取りやすい

回数制と同じく、スポーツジム型月額制よりも予約が取りやすいです。詳しくは、【回数制はスポーツジム型月額制より予約が取りやすい】の項を参照してください。

分割払い型月額制のデメリット

支払い総額や金利手数料が分かりにくい

分割払い型月額制の場合、サロン・クリニックの公式サイトに提示されている月額料金は、あくまでも指定通り分割したときの料金です。

「ボーナスがないので、ボーナス月払いはなしにする」といった調整も可能ですが、その分、支払い期間が延びたり、月額料金が高くなったりします。

また、月額料金を低く抑えるために、分割回数を増やすと、金利手数料がかかり、支払総額が増加してしまうこともありますので、契約前に必ず支払総額を確認してください。

総額を払い終わる前に解約する場合は、解約手数料が必要

総額を分割して支払っているので、スポーツジム型のように、解約した時点で支払いが終了するわけではありません。総額を払い終わる前に解約する場合は、中途解約となり、解約手数料が必要です。

分割払い型月額制がおすすめの人

初期費用は安く抑えたいが、脱毛の予定が立てにくい人

初期費用は安く抑えたいけど、仕事やプライベートの予定が変わりやすい人や、敏感肌やアトピーの人、生理周期が乱れやすい人など、脱毛の予定は立てにくい場合、分割払い型月額制がおすすめです。

分割払い型月額制でよく見かける「脱毛し放題」ってお得なの?

分割払い型月額制の中には、総額を支払うと回数無制限(脱毛し放題)になると記載されているものも多いです。脱毛し放題と言われると、何だかとてもお得な気がするけど、実際はどうなのでしょうか?

例えば…
月額1万円(総額30万円、脱毛し放題)と記載されているサロン・クリニックの場合
支払い方法は、

毎月1万円×30カ月(2年6カ月)=総額30万円

となります。そして、この総額を支払い終わった後は、追加料金を払わなくても自分が納得するまで脱毛に通うことができます。

  • 10回で満足した場合

総額30万円÷10回=全身1回当たり3万円

  • 30回で満足した場合

総額30万円÷30回=全身1回当たり1万円

このように何回照射したかによって1回当たりの値段は大きく変わります。

自己処理がほぼ必要ない程度まで徹底的に脱毛したい人や、人よりも毛深くてなかなか脱毛が終わらないかも…と心配な人は、回数を気にすることなく通える「脱毛し放題(通い放題)」がおすすめです。

逆に、少ない回数で満足できた場合、1回当たりの料金が割高になってしまうので、毛量が少ない人や、自己処理が楽になる程度で良いという人には不向きなコースです。まずは、自分がどこまで脱毛したいかを考えてみてね!

最後に、自分にぴったりのコースを見つけるコツについて解説します。

自分にぴったりのコースを選ぶコツと月額制・回数制おすすめ早見表

脱毛が初めての人は、スポーツジム型月額制

繰り返しになりますが、サロン・クリニックでの脱毛が初めての人が、いきなり回数制コースを契約するのは、おすすめできません。

まずはキャンペーンなどを利用して部分脱毛をしてみるか、いつでもやめられるスポーツジム型月額制で、サロン・クリニックでの脱毛を体験してみてください。

脱毛経験済みの人は、まず費用と予定、2点に絞って考える

すでにサロン・クリニックでの脱毛を経験済みで、月額制にするべきか回数制にするべきか迷っている人は、まず、

  1. 初期費用を安く抑えたいのか、総額を安く抑えたいのか
  2. 脱毛の予定が立てやすいのか、立てにくいのか

の2点に絞って考えてみてください。

月額制・回数制おすすめ早見表
脱毛の予定が立てやすい 脱毛の予定が立てにくい
総額を
安く抑えたい
回数制 回数制
初期費用を
安く抑えたい
スポーツジム型月額制 分割払い型月額制

総額を安く抑えたい人は、回数制がおすすめです。初期費用を安く抑えたい人は、次に脱毛の予定が立てやすいか、立てにくいかを考えてみてください。脱毛の予定が立てやすい場合はスポーツジム型月額制を、立てにくい場合は分割払い型月額制をおすすめします。

月額制・回数制以外のコース|支払いが単純明快な都度払い

大手サロン・クリニックで都度払いできるところは少ない

脱毛を行うたびに、その分の支払いを行うのが都度払いです。単純明快でとても分かりやすいですが、大手サロン・クリニックで都度払いができるところは少ないです。

都度払いのメリット

財布と相談しながら脱毛できる

急な出費が重なったときは脱毛を1カ月先延ばしにするなど、財布と相談しながら脱毛を進めることができます。

気軽に利用できる

1回ごとに支払いを済ませるので、複雑な契約が必要ありません。合わないと感じたら、すぐに他のサロンに変えることができます。

都度払いのデメリット

1回分の料金が他のコースに比べ、割高になる場合が多い

大手サロン・クリニックで都度払いができる場合、回数制や月額制に比べ、1回分の料金がかなり割高になる場合が多く、2回、3回と続けて脱毛するなら、月額制や回数制のほうがおすすめです。

ただし、個人サロン・クリニックなどで都度払いができる場合、料金が割高になるということは少ないのです。都度払いで脱毛をしたい人は、個人サロン・クリニックをチェックしてみましょう。

都度払いがおすすめの人

イベントに合わせて1度だけ脱毛したい人

結婚式や成人式など、イベントに合わせて1度だけ脱毛したいという人は、都度払いがおすすめです。なお、イベントに合わせて脱毛する場合は、イベントの3~8週間以上前に照射を行わなければ、ムダ毛のないきれいな状態で当日を迎えることができません

イベントに合わせて脱毛する場合の照射時期について、さらに詳しく知りたい人は脱毛中の「無毛期間」をうまく利用しようを読んでみてください。

脱毛のプロからのアドバイス

サロンオーナーやスタッフなど、脱毛のプロに「自分が今の知識を持って、再度全身脱毛するならどうするか」という視点でアドバイスをいただきました。

取材協力(氏名五十音順・敬称略)
伊藤晴美(Waxing Salon 凛)、瀬川恵子(buranco)、丹沢まどか(Blanc Emu)、春木幸子(TOTAL BEAUTY SALON HARUKI)、松本登美子(トータルビューティーサロン fileo)、脱毛&フェイシャル 美肌サロンWish、Malowdo

月額制・回数制・都度払いどれを選びますか?

  • 回数制   4人
  • 都度払い制 3人
  • 月額制   0人

アドバイス

回数制

単純に回数制はトータル金額が安くなる為です。ただし、ご予算に無理のないように月額制を利用する事も良いと思います。その場合、最低継続月数が決まっている場合が多いため、必ずサロンへの確認を忘れずに。(Malowdo)

都度払い制

都度払い制であれば、満足したところで終了できますし、お金に余裕のある時だけ、といった事も可能です。敏感肌やアトピー、お肌が弱いと感じている方も「まずは1回だけお肌に合うのかやってみたい!」と様子を見ながら試してみることができます。(春木)

伊藤晴美(Waxing Salon 凛)の回答を見る
回答:回数制
アドバイス

医療脱毛・エステ脱毛については1カ月半~2カ月周期の施術が適切です。夏は日焼けを考慮し、パスするかいつもより少し弱めで施術してもらうようにしてください。パーツの毛の質によって差はありますが、3~5回ほどでかなり毛は薄くなります。完全脱毛は期待しない方がいいので、ある程度の状態で止めましょう。
ワックス脱毛については、1カ月半~3カ月周期の施術をおすすめしています。はもちろん、真冬の着込むシーズンに、蒸れないように施術してもらうのも良いです。定期的な処理をしたいのであれば、2カ月周期で施術してもらいましょう。1カ月周期で処理する方もおられますが、お肌の状態を考慮し、たまに間をあけるようにしてください。(伊藤)

瀬川恵子(buranco)の回答を見る
回答:都度払い
アドバイス

月額制や回数制は、契約時にさまざまな制約があります。しかし、都度払いであれば、行きたいと思った時に行き、そのとき脱毛した分だけ支払えばいいので、単純明快です。また、1回目、2回目と脱毛の効果を見ながらすすめられるので、当サロンでも都度払いが一番人気です。加えて、お店のお得なコースやプランの提案もしっかり聞いてみましょう。複数回の脱毛は、お安い金額ではありません。
何度も足を運ぶサロンなので、施術以外のお店の雰囲気や料金、スタッフ、色々とチェックして決めるのがポイントです。(瀬川)

丹沢まどか(Blanc Emu)の回答を見る
回答:回数制
アドバイス

体の部位によって、表面に出ている毛の割合が異なります。回数制で、お肌や毛の状態をしっかり理解しながら脱毛されるのがおすすめです。月額制といいながら、ローン返済のシステムの会社もあるので、ご自分に合ったやり方が一番納得できます。(丹沢)

春木幸子(TOTAL BEAUTY SALON HARUKI)の回答を見る
回答:都度払い制
アドバイス

月額制は総額を分割して支払うという実質ローンのようなものも多く、学生や主婦の場合、ローンを組むのは大変です。回数制は、最初に回数を決めなければならないのですが、脱毛の進む速度は人それぞれですし、どの程度まで脱毛できれば満足なのかも人それぞれです。

都度払い制であれば、満足したところで終了できますし、お金に余裕のある時だけ、といった事も可能です。敏感肌やアトピー、お肌が弱いと感じている方も「まずは1回だけお肌に合うのかやってみたい!」と様子を見ながら試してみることができます。(春木)

松本登美子(トータルビューティーサロン fileo)の回答を見る
回答:回数制
アドバイス

月額は一見楽そうに感じますが、実は割高な場合もありますし、結局設定している回数を来ないとまたすぐ気になって通うことになるかもしれません。
回数をこなしてからまだ気になる方でしたら、その後は月額でも良いのではないかな?と思います。(松本)

脱毛&フェイシャル 美肌サロンWishの回答を見る
回答:都度払い
アドバイス

最近では、月額制が増え、「初回は無料でお試しできる」など、お手頃に脱毛できるサロンが増えてきました。しかし、その中身を確認すると、月額で長い期間費用が発生してしまう、2回目以降の予約が取りづらい、1回で4分の1しか施術してもらえず、全身するには2カ月4回の来店をしなければならない…など、サロンによって決まりや施術内容に大きな違いがあるようです。

また、脱毛については、効果が部位によってそれぞれのため、回数が余ってしまったり、月額で契約していて必要なくなってしまった場合は、いつまで払い続けるのか、全身必要なくなった場合、部位を選んで脱毛できるのかなど、条件を確認することがとても重要です。全身脱毛が必要ないのに毎月の請求になってはかえって負担が出てしまいます。よく調べてからはじめてください。

当サロン利用されている方は、短期集中で全身を通われ、回を重ねた後は、必要な部分だけ脱毛をされている方が多くお得に脱毛ができるように提案をさせていただいております。(脱毛&フェイシャル 美肌サロンWish)

Malowdoの回答を見る
回答:回数制
アドバイス

単純に回数制はトータル金額が安くなる為です。ただし、ご予算に無理のないように月額制を利用する事も良いと思います。その場合、最低継続月数が決まっている場合が多いため、必ずサロンへの確認を忘れずに。

以上、「月額制と回数制どちらがいいの?|それぞれのメリット・デメリット」でした。スポーツジム型月額制、回数制、分割払い型月額制には、それぞれにメリット・デメリットがあります。

まずは、「初期費用を安く抑えたいのか?総額を安く抑えたいのか?」と「脱毛の予定は立てやすいのか?立てにくいのか?」の2点に絞って、自分の状況を整理し、自分にぴったりのコースを選んでください。

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に表示されます。