Rico(リコ)の リピーター&オーナーに独自取材|口コミで評判のサロンを探せ!

独自インタビューで徹底解析!
Ricoオーナー・藤沢由加里さん

兵庫県芦屋市に店舗を構えるワックス脱毛、エステ、フェイシャルのプライベートサロン「Rico」。芦屋市と言えば、関西でも屈指の高級な住宅が立ち並ぶエリアですが、実際のサロンの雰囲気はどんな感じなのでしょうか?
脱毛の学校のメンバーが直接お店を訪ねました。

サロンはJR「芦屋駅」より徒歩3分ほどのところにあるのマンションの一室です。下に看板などはありません。オートロックを開けていただき5階まであがりますが、表札が出ているだけなので外からは一見普通のマンションの一室にしか見えません。出迎えてくださったオーナー・藤沢由加里さんにお話をお伺いしました。

お客様からの「ありがとう」の深さを実感。エステティシャンは接客の究極形態

―今日はよろしくお願いいたします!まずですね、藤沢さんが美容の道を志したきっかけを教えてください。
藤沢私は美容の道に進んで14年目なのですが、その前はアパレル関係の仕事を4年くらいやっていたんです。その頃にネイリストになりたいと思い、アパレルを退職してネイルスクールに通ったのがきっかけですね。

―じゃあ元々はネイリストだったのですね!そこからエステサロンをオープンしたいきさつはなんだったのですか?

藤沢ネイルスクールを卒業して、そこで紹介してもらった働き先がたまたまエステサロンだったんです。エステサロンの中で、サブメニューの一環でネイルを扱うとのことで、そこでネイリストとして働き始めました。しばらく普通にネイリストスタッフとして働いていたのですが、ある日突然、エステのスタッフが入院することになってしまいまして。そこが結構常連さんが多くて人気があるサロンだったので、当然、次の日も何件もの予約が入っていました。それで困ったオーナーに、「明日、エステとマッサージのサポートしてくれるスタッフがいないから、一晩で覚えて手伝ってほしい」と頼まれたんです。

―それ、めっちゃ無茶ぶりですね(笑)。

藤沢はい、無茶ぶりですね(笑)。私も、「え~!」と思いながらも、仕方ないので頑張って練習して、当日施術をお手伝いしたんです。でも、いざやってみるとすごく楽しかったんです!今までのアパレルとかネイリストのお仕事は、対面での接客だったんですが、エステでの、直接お客様の素肌に触れながら接客することとの違いをすごく実感しました。お客様からもらう「ありがとう」の言葉の深みが、お洋服を売ったりしたときのものと、エステやマッサージでスッキリされた後にもらうものとでは全然違いましたね。今までは自分の肌しか触ったことがなかったけれど、人によって肌のさわり心地が違って、固いとか柔らかいとか、ホントにそれぞれなんです。それが、エステでしっかりお手入れすることによって、すごく変化していくんだってことが衝撃的でした。接客というサービスを追求する上で、エステは究極のサービスだと思ったんです。その一日の経験で、ネイリストを辞める決意をしたくらいなんですよ(笑)。

初めて受けたワックス脱毛でトラウマに…。その後、素晴らしいサロンと出会ってワックスの魅力にはまった

―そこから、どうしてワックス脱毛やることになったんですか?

藤沢たまたま友達との会話の中の「ワックス脱毛って最近流行ってるよね~」みたいな話題がきっかけです。今まで興味なかったけれど、なんとなく試しに行ってみようかなって。それで、自分で調べたワックスサロンにお客さんとして行ってみたんですね。そしたら、そのサロンで受けた施術で、ちょっとトラウマになってしまいました…。

―トラウマですか?具体的にどんな体験をされたんでしょうか。

藤沢そこのサロンは、照明も明るくて恥ずかしいし、なにより痛かったです(笑)。初めてのブラジリアンワックスで緊張していたんですが、担当が結構キツめの人で、「痛い痛い言ったらもう施術やめますからね!」みたいな感じで言われてしまって。恐怖心を余計に煽られてしまったんですね。Oラインの施術も体制が嫌で、苦痛でしかなかったです。2回目はないな…、と思って。ワックス脱毛自体の印象が悪くなってしまいましたね。

―すごく残念な経験でしたね…。

藤沢はい。でもやっぱり家に帰って見てみたら、VIOの仕上がりはすごく良くて。快適さは段違いでしたね!「今までなんやったんやろ?」って思っちゃうくらい(笑)。でも、あのサロンに行くのはイヤで、結局その後は行けずじまいでした。しばらくした時、仲のいい友達がワックスサロンをオープンさせたんです。気心が知れた友達なので、お店に行って前の経験を相談したところ、私の不安をとり除いてくれるようなお話と、質の高い施術を受けることができて、とても感動しました。その時点でエステサロンRicoはすでにオープンしてたので、自分でもやってみたいと思ったのと同時に、良くないサロンのせいで私の時のようなトラウマになる方が少しでも減ればいいなと思い、ワックスメニューを取り入れました。

お米でできたワックス剤!?肌に優しいワックスを4種類使い分け

―使用しているワックスについて、どんなものか教えてください。

藤沢Ricoでは、同じメーカーのハードワックスを4種類使っています。トリプルエックスっていうものなんですが、さまざまなワックスを試してみた結果、これが一番使いやすくて気に入りましたね。特に保湿成分が豊富で、お肌に良くて、全身どこでも安心して使用できるのがポイントですね!7歳から使用できると言われていて、「スキンケア脱毛」とも言われているくらいなんです。基本的にはスペイン産なんですけど、1種類は国産コシヒカリから作られた、真っ白なお米ワックスがあるんですよ。デリケートゾーンにも優しくて、とっても使い勝手が良いんです。

―お米ワックス!なんだかその響きだけでめっちゃお肌に良さそうですね(笑)。

藤沢でしょ?(笑)。それが一番気に入ってますね!

過去のトラウマ経験を糧に、お客様にとって安心できるおもてなしを

―特に気をつけているポイントってどういう部分でしょう?

藤沢初回の方は特に慎重にさせてもらってますね。カウンセリングでは極力不安を取り除けるようなんでも親身にお話をお聞きしますし、どんな質問でもしっかりとお答えさせていただいています。実際の施術においても、可能な限り痛みを軽減できるように最大限の配慮をしますね。私自身が、初めてのワックス脱毛の経験があまり印象の良いものではなかったので…。ワックス脱毛自体は本当に快適なので、いろんな方に良さを知ってもらいたいですし、来てくださった人にはあの時の私のような思いをしてもらいたくないですからね。

―なるほどですね。逆にお客様に注意してもらってる部分ってありますか?

藤沢やっぱり保湿ですね。特にデリケートゾーンの保湿はすごく大事です。Ricoでは、オプションになってはしまうんですがパックをおすすめしています。美白、保湿、鎮静効果があって、お肌の引き締めにもなります。もしオプションを付けられなくても、術後のお冷やしなどはさせてもらっていますよ!あと、ご自宅に帰られてからはスクラブケアをおすすめしています。

お客様にとって、非日常で高品質な時間を演出。内装は落ち着いたイメージで

―ところで、内装がなんだかすごく大人と言いますか、シックで落ち着いた感じですね!どんなイメージで作られたんですか?

藤沢そうですね、Ricoは芦屋という場所柄もあって、エステやワックスに通ってくださるのは比較的30代後半以上のお客様が多いんです。ブラジリアンワックスはやはりデリケートなので通っているのを誰かに見られたら恥ずかしい、という人も多いので、マンションの一室をサロンにして、外にも看板などを出していないので、外観では一見するとサロンとわからない、友達の家に遊びに来ているような感じです。なので、代わりに内装は、家っぽくならないようにイメージしました。落ち着いたデザインとインテリアでサロン感がしっかりと出るように、ですね。服装も普段着ではなく必ず施術着を着用しています。質の高い時間を満喫していただければと思いますね。

―確かに、すごくラグジュアリーなサロンって雰囲気ですもんね!でも、藤沢さんがすごく話しやすくって気取らない感じの素敵な人なので、誰でも気兼ねせずに通えそうだし、なんでも相談出来ちゃいそうです!

藤沢そう言ってもらえると嬉しいです!全然気兼ねせずにいらしてほしいですね!

「あたためて、うるおす」がサロンのコンセプト。冷えを改善するための気遣い

―お店のこだわりポイントを教えてください!

藤沢Ricoのコンセプトは「あたためて、うるおす」なんです。温めるということに関して特化したサロンだと思っていますね。冷えは、体にもお肌にも良くないことですからね。体が温まると気持ちがよくって、心まで温かくなりますよね。それを多くの人に知ってもらいたいですね。なので、エステメニューだけでなく、ワックス脱毛においても温度にはとても気を使っています。ワックスの温度の微調整だったり、施術でお客様に寝ていただくベッドも今の季節はヒーターを入れています。

―あたためてうるおす!なんだか聞いているだけで温かいような気がしてきました(笑)。

藤沢温かいというだけで、とても幸せな気持ちになれますからね!

女性として、更に一歩向上できる機会にしていただけるように

―最後に、なにかひとことお願いします。

藤沢ブラジリアンワックスって、パッと見の印象はネガティブなものが多いですよね。恥ずかしいし、痛そうだし…って。だから、興味はあるけど、踏み切れないって人も多いんじゃないかと思うんです。
Ricoでは、そんな人の気持ちをしっかりとくみ取っていきたいと思っています。友達にも相談できないようなデリケートな悩みも、カウンセリングできちんとお聞きします。もちろん、カウンセリングだけでも全然OKです。
ワックス脱毛を知ってからは、私はすごく快適な毎日を送ることができました。いろいろな下着も楽しめるし、女性として一歩向上できる手段だと思います。後ろ向きな見方だけで躊躇してしまうのはもったいないくらいのワックス脱毛の良さを、ネガティブな先入観の先にある快適さを、是非味わっていただきたいですね。
人生のあたらしい一歩だと思って、ぜひ相談に来てくださいね!

―「女性として一歩向上できる」って、とてもいい言葉ですね!本日は長い時間、ありがとうございました!

藤沢こちらこそありがとうございました。

おわりに

芦屋の隠れ家サロンRicoは、ワックス以外にもボディエステやフェイシャルなど美容に関するメニューが豊富なので、全身トータルしてキレイになることができます。外観では一見普通のマンションの一室にしか見えませんので、ワックスサロンに堂々と入ることに抵抗がある人でも安心して通えます。オーナーの藤沢さんはとても丁寧な人で、美容や接客に対するポリシーをしっかりと持たれているので、きめ細やかなサービスと、質の高い施術を受けることができるサロンです。

「脱毛の学校」へ応援メッセージをもらいました!

世の中には、まだまだ知られていない良いサロンがたくさんあります。脱毛の学校さんには、これからも頑張って、小さいけれど素晴らしいサロンさんをどんどん発掘してもらいたいですね!応援しています。(Ricoオーナー・藤沢由加里さん)

脱毛のプロからの評判・口コミ

神戸元町・KOHOLAオーナー・大江歌子さん

同じ経営者としても尊敬できる素晴らしいオーナー
Ricoのオーナーの藤沢さんは何事に対しても真面目で、すごくきっちりしています。あんなにきっちりした人、他に見たことないくらいですね。当店のお客様も何人かRicoさんへ行った方がいらっしゃるんですけど、どの方も必ずリピートしていますね。サービスが隅々まで行き届いていて、すごく満足したとおっしゃられます。

おもてなしの心をものすごく持っている方で、例えば、来店されるお客様に合わせて飾っている花も変えるんですよ。お茶を出すときのティーカップもソーサーも手作りです。施術はもちろん言うことなしの腕前ですし、接客とサービスに対するこだわりをしっかりと持っていて、その信念がぶれないところがすごいと思います。お客様の立場としても、同じ経営者としてもとても尊敬できる、素晴らしいサロンですね。

基本情報まとめ

サロン名 Rico(リコ)
電話番号 0797-57-0069
メールアドレス info@rico-beauty.com
住所 兵庫県芦屋市茶屋之町4-13-501
営業時間 月・火・木9:00~17:00
水・金・土・日9:00~21:00
時間外応相談
定休日 不定休
支払い方法 現金もしくはクレジットカード
スタッフ数
同時受入可能人数
予約 メール、もしくはHP、公式LINEにて
代表的なメニューと料金 ブラジリアンワックス 8500円
プレイボーイワックス 8500円
フェイシャルワックス&エステセット 1万2000円
美肌鎮静オプションパック 2000円~5000円
※価格はすべて税別です。
駐車場 あり(無料)
アクセス・道案内 JR「芦屋駅」より徒歩3分

※その他詳細は、店舗へお問い合わせください。その際「脱毛の学校を見た」と言っていただくと幸いです。

フォトギャラリー

サロンマップ

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に表示されます。