R.pivoineのリピーター&オーナーに独占取材|口コミで評判のサロンを探せ!

独占インタビューで徹底解析!
R.pivoine オーナー・松本礼子さん

本町のビジネス街を通り抜けてすぐ、おしゃれなデザイナーズマンションの1室というプライベート空間で、ゆったりとワックス脱毛やハーブを使ったスチームサウナ・ホリスティカルハーブテントのできるサロンが「R.pivoine(アール ピヴォワンヌ)」です。

某美容系サイトの口コミを拝見すると、雰囲気からメニュー・料金に至るまでほぼ☆5つと満点評価が多数。お客様からの口コミの記載も長く、楽しかった雰囲気がかなり伝わってきます。その人気の秘密を探るべく、脱毛の学校のメンバーが直接お伺いしました。

サロンの玄関を開けていただくと、ハーブの柔らかな香りと共にオーナーの松本礼子さんが気さくな笑顔で出迎えてくれました。

想像以上にみんなVIOに悩んでる。だから安心させてあげたい

―初めまして。よろしくお願いいたします。

松本すっごい緊張してるんですよ~。お手柔らかにお願いしますね(笑)。

―私もです(笑)。では最初に、サロンを始められたきっかけからお伺いできますか?

松本4~5年ぐらい前に、友人と海外旅行に行こうって話になって、海に潜るとか水着になって遊ぶプランを組んだんです。例えば海に潜って船に上がるとき、足をこうガァ~~と大きく開いたりするじゃないですか?あれって短パンを履いてたとしても、水着から毛がはみ出したりしないかすごく気になるんですよね。だからお手入れをしたいなと思って、ブラジリアンワックスを体験してみたんです。

実際に施術を受けてみたら、これなに超面白い~、超簡単~って感激しちゃったんですよね。実際、旅行先でも毛に悩まされることもなく、すごく楽しめたので、これ絶対良い!と興味を持ったのがきっかけです。

―その体験から、もうサロンをオープンしようと?

松本そうですね。それに施術をしてもらっている時、エステティシャンの方が「こんなに悩みをすぐに解決してあげられて、こんなに面白い仕事って他にないですよ~」なんてお話もされてたんです。だから私も、悩みを解決できるお手伝いができればいいなとも思ったんですよ。

―それまでは別のお仕事をしていたんですよね?美容関係とか?

松本医療機器のメーカーに勤めてました。医療レーザーの機械も扱っていたので、脱毛の知識は0ではなかったですけどね。ワックスとは全然違いますし、そこは違う業界に、思い切って飛び込んだという感じです。

―飛び込んでみてどうでした?イメージと違ったりしました?

松本自分が想像していた以上に、みなさんVIOに関して悩んでるな…と思います。毛量の多さの悩みばかりじゃなくて、自分のデリケートゾーンが汚いと思っている人が意外に多いんですよ。悩んでいるからこそ、そういうビデオを見てみたりして、出演している女優さんはみんなキレイで白いのに、自分のはなんか黒くて汚い気がする…って。

でも、ほとんどの方がそんなことないんです。例えそうだったとしても、ケアをすることでキレイにすることができますから。私もワックス脱毛の勉強をして、モニターとして来てくださった方のを見せてもらって初めて、自分が結構広範囲に生えてるなって分かったんですけど、でもそんなの、脱毛しちゃえば良いだけですから。

私は何人もの方のデリケートゾーンを毎日のように見てますので、経験を元に大丈夫ですよってお伝えできる立場ですから。お客様を安心させてあげたいなと思うんです。その上で、気になったことがあれば、きちんとお伝えしています。

おりものシートの使い過ぎはトラブルの原因に。言いにくいこともきちんと伝える

―気になることですか?例えば?

松本そうですね…例えば、おりものシートってありますよね?あれって蒸れが増すのか、使用頻度の高い人ほどIソーンがシワシワっとしてるんです。お肌の張りとかが無くて、かぶれたり黒ずんだりも多いんですよ。

お話を聞いたら、生理が始まったぐらいの子供の時に、お母さんから使いなさいってすすめられて、その時から生理の時以外は使うのが当たり前だと思ってたって言うんです。

そういう方の場合、本当におりもので困るときだけ使った方が良いですよ、普段はできるだけつけない方が良いですよってお話をします。

―小さい頃に教えられていたら、それが普通だと思ってしまいますもんね。だからこの布製のナプキンなども置かれているんですか?

松本そうなんです。特におりものシートを使用するお客様が安心して使用できる商品を探し求めていたとき、出会ったのが布ナプキン専門店『ジュランジェ』さんだったんです。安心できる素材を使用して、丁寧な縫製で仕上げてくれているので、私も安心してお客様へご紹介できるんですよ。店内にあるのはジュランジェさんがわざわざ用意してくれた見本なんです。

―布ナプキンンの存在は知ってましたが、布製のおりものシートもあったんですね!知りませんでした。やっぱり、その道の専門家でないと知らないことって多いですよね…。

松本ふふふ。でも他店でブラジリアンワックスを経験されたことのある方でも、そんなこと初めて言われましたという場合が多いですよ。もしかしたらサロンさんによっては言ったらお客様に悪いかな…と思って、お伝えしてないかも知れないですけどね。でも私は、お伝えしたお客様が次にいらっしゃったとき、お伝えしたことを素直に取組んでくれたことでホントにお肌の状態が良くなっているのが自分のことのようにうれしいんです。なので、きちんとお伝えしてますね。

―自分では見えないし、気づけないことでもありますから、私がお客さんとしてきたとしたら、言って欲しいかなと思います。

松本それと、自己処理を頻繁にしていた方は、毛が太いわりに途中で切れやすくなっているんです。そういう方はワックス脱毛をしてもキレイに抜けないので、少しずつここは大丈夫、ここはダメ…と確認しながら施術していきます。その時は変な毛残りになってしまうんですけど、きちんとケア方法をお伝えするので、次に来てくれた時にはしっかりとキレイにすることができるようになるので、我慢してくださいって。お客様と相談して、そういう風に施術をすることもありますよ。

―お客様はすぐにキレイにしたいですけど、長期的に見ればその方がお客様のためになるってことなんですね。

松本医療機器メーカーに勤めていたからか、人に何かをさせて頂く怖さを実感しているんです。お客様の希望に合った施術をすることが一番ですけど、できない時はできないとして、そこからお客様に対して1番いい方法は何か…を常に考えるようにしています。

自分の体験をもとに、施術はゆっくりペースです

―例えば初めてのお客様の場合、お客様ってどんなことに悩んだり、不安に思っていたりしますか?

松本ブラジリアンワックスが初めてのお客様の場合は、やっぱり痛みとか恥ずかしさですね。痛みは技術で軽減することはできますけど、お客様の感じ方には個人差もあるので痛くないとは言えませんからね。そこは正直に、痛いですよ~ってお伝えしてます(笑)。

私は初めてブラジリアンワックスをしたとき、痛みより恥ずかしさの方が勝っていたんです。親や彼氏の前でも、こんなに足を広げたり、ジロジロと見られることないのに~ってね(笑)。で、我慢していると変な汗が出てくるんです。背中が汗びっしょりになってしまったりして、その汗が出たことでさらに恥ずかしくなって…。

―まさに負のループですね(笑)。

松本お客様の中にも「こんなに汗をかいちゃって恥ずかしい~」とおっしゃる方も多いんです。見知らぬ人に大股開いて、しかも痛いし恥ずかしいし、とっても複雑な気持ちだったのは私も同じですから、みなさんそうですよ~、気にしないでください~ってお伝えしてます。

あとは、私が施術をしてもらったサロンさんはパッパパッパと早かったんです。お話も多少しますけど、どちらかというと事務的というか。私、すごくビビりなので、心の中で「ちょっと待って~、剥がすなら言って~」と思ってたんですよ。なので、スピードよりもゆっくり、安心してもらいながら施術ができればと思います。時には剥がしたワックスを見せて、こんなに取れてるよ~、だからあと半分頑張って~なんてお話もするんですよ。

―そんな風にお話しながらの方が、初めての方は特に安心するかもしれないですね。

ハーブの力で体を温め、人生もより豊かになる!

―こちらではワックス脱毛のほかに、ホリスティカルハーブテントというメニューがあるんですよね?これはブレンドされたハーブをテントの中で沸かし、その蒸気を体全体で浴びるスチームサウナのようなもの…ということなのですが、なぜこのメニューを取り入れたんですか?

松本お客様の体を触らせていただいているんですけど、みなさん体が冷たいんですよ。なんでこんなに冷たいんだろう、これはどうしたものかと思って。温活とか世間では流行ってますから、何かないかなと探して、このハーブテントにたどり着いたんです。

―温活って言うと、よもぎ蒸しとか酵素浴とか、他にもいろいろありますよね?一番の決め手はなんだったんですか?

松本ハーブの蒸気で体を温めながら、ハーブの力でライフスタイルにも影響を与えてくれると言われているんです。ブレンドしたハーブは免疫と女性らしさを高める、体のスイッチオフ、創造をかきたてる、成功や金運をアップするなど、4種類あるんですよ。

―金運アップなんてものもあるんですか(驚)。

松本ふふふ。そうなんです。でも、ハーブの香りをかいでいただいて選ぶのではなく、直感で選んでいただくようにしてます。お客様にはカーテンの後ろに隠れてもらって、右から何番目を選びますか?みたいな感じでね。みなさん、結構自分がやりたいと思っていたものを引き当てることが多いですよ(笑)。

―そんなゲーム感覚も楽しめるんですね。こちらはどうやって入るんですか?

松本イスの下からお鍋でハーブを沸かすので、ラップタオルに着替えていただいて、その蒸気を浴びていただきます。その時、炭酸の足湯に入ってもらったり、温かなハニージンジャーを飲んでもらったりして、さらに血行を良くしながら、ゆっくり20~30分入っていただいてます。

体を芯から温めてくれますし、ものすごく汗が出ますけど、気持ちのいい汗なのでサラリとしてますよ。ハーブの成分も浸透するので、すごく良い香りですし、夜はいつもよりぐっすり眠れたという方が多いです。

このハーブは、オーストラリアに住んでいる自然療法士のナチュロパスなみさんという方が、オーガニックのハーブをアレルギーなども考慮しながらブレンドしているんです。だから安心してお客様に提供できるんですよ。

―聞いてるだけで気持ちよさそうです~。それに、このテントのカタチが子供の時に憧れた秘密基地みたいでわくわくします。ワックス脱毛と同時にする人も多そうですよね?

松本それがですね…ワックスをした後に体を温める行為はダメなので、ハーブテントをしてからワックスをしてみたんですけどね…痛み倍増(笑)。

―えぇ~、そうなんですか~(笑)。

松本毛穴が開くので、すごくスムーズにワックス脱毛できるかなと私も思ってたんですけどね。いやいやいや、体が緩んでリラックスしちゃうので、痛みを感じやすくなっちゃうみたいなんです。ワキとか腕とか、それほど痛みの少ない箇所なら良いかもですが、VIOはおすすめしないです。でもハーブテントはホントに気持ちいいですし、体験した方はリピーターになることが多いんですよ。

―じゃあブラジリアンワックスと併用するなら2週間ごと交互に…なんて通い方が良さそうですね(笑)。今日はありがとうございました。

おわりに

VIOとフェイシャルのワックス脱毛をすると、施術後に「グリーエコロジーセルボ美容液」を使用して仕上げてくれます。美容マニアの間で話題の、このちょっとお高め美容液には、美肌成分のフルボ酸が配合されており、鎮静作用もあるのだとか。自ら試して良さを実感し、お客様からもかなり好評だそう。

ゆっくりとお客様との会話も楽しみたいという松本さんの柔らかな人柄は、デスクの上に置かれたネームプレートはお客様からのプレゼントだったり、化粧品コーナーのオススメコメントは親友が書いてくれたりなど、サロンのあちこちから感じることができます。

初めてなのでゆっくり施術を行って欲しい人や、アットホームなサロンの雰囲気を楽しみたいという方におすすめです。

「脱毛の学校」へのメッセージをもらいました!

最初は怪しい…と思ってましたけど、サイトを拝見して、真面目に脱毛に取り組んでくださってるなと感じられたので、今回の取材もお受けしました(笑)。大規模小規模に限らず、脱毛のサロンってこうですよと、平等にしてくださっているので、サロンを検討している人も選びやすいし、役立つと思いますよ。
(R.pivoine オーナー・松本礼子さん)

基本情報まとめ

サロン名 R.pivoine(アール ピヴォワンヌ)
電話番号 080-8506-2502
住所 大阪市中央区瓦町3-2-10 エスティメゾン瓦町
※部屋番号はご予約後にお知らせ
営業時間 11:00~21:00
定休日 不定休
支払い方法 現金
スタッフ数
同時受け入れ可能人数
予約 電話、ホームページ、LINE
代表的なメニューと料金 【ワックス脱毛】
VIO 初回5000円、通常8000円
※リピーター価格あり
顔全体 初回6200円
膝から下 6000円
他にも多彩なワックスメニューあり
【ホリスティカルハーブテント】
タオル&ドリンクつき 6000円
※料金はすべて税込です
※ブラジリアンワックスとボディワックス併用で、ボディワックス10%オフ
駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス・道案内 地下鉄「本町駅」1番出口から徒歩4分

※その他詳細情報は、店舗へお問い合わせください。その際「脱毛の学校を見た」と言っていただくと幸いです。

フォトギャラリー

サロンマップ

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントをお待ちしています

メールアドレスが公開されることはありませんのでご安心ください。
コメントはスパム防止のため、事務局の確認後に表示されます。