GUAPA WAXのリピーター&オーナーに独占取材|口コミで評判のサロンを探せ!

独占インタビューで徹底解析!
GUAPA WAX オーナー・長妻久美子さん

日比谷線「仲御徒町」駅より徒歩1分!ブラジリアンワックスのほか、光脱毛にボディカラーリング、タトゥーカバーなど多彩なメニューが楽しめる人気サロン「GUAPA WAX(グアパワックス)」。

最近、シュガーリングなる新しい脱毛方法をメニューに加えたという情報を聞きつけ、脱毛の学校のメンバーが実際にサロンを訪ねました。

ガラス窓にGUAPA WAXと店名が書かれているので、すぐにサロンを見つけることができます。店内に入ると小麦色の肌が素敵なオーナー・長妻久美子さんが爽やかな笑顔で出迎えてくれました。

お客様の期待に添えるなら脱毛方法にはこだわりません

―初めまして。こちらはブラジリアンワックスサロンとしては流行りになる前から開業していらっしゃるお店だと思うのですが、オープンされたきっかけなどお伺いできますか?

長妻そうかも知れないですね。2011年のオープンで、その頃には周りに全然、ブラジリアンワックスサロンなんてありませんでしたから(笑)。

私は以前デザイン会社にいたんですけど、その当時からいつか自分で独立したいなと思っていたんです。でも、デザイン事務所を立ち上げる…と言うよりは、何か女性を相手にした、喜ばれるようなお仕事をしたいと思っていて。

じゃあ女性に喜ばれるお仕事ってなにかな…と考えたんですが、私は全然、エステとか美容関係には興味がなかったんです。でも、そんな私でもブラジリアンワックスだけは唯一、通っていたんですよね。美容に興味がない人でもブラジリアンワックスは快適で喜んでいただけるものだと思いましたし、もっとサロンが増えたら認知度も上がるんじゃないかと思ったんです。それから習えるところを探して、技術を身につけて独立したんですよ。

―そうだったんですね。でも、お店のメニューを拝見すると、ブラジリアンワックスなどのワックス脱毛のほか、光脱毛も行ってますよね?

長妻サロンを初めて半年ぐらいしてから、お客様に「ワックスをしてホントにツルツルになるから、この気持ちよさがずっと続くように毛なんてなくなればいいのに」って言われることが多くなってきたんです。

じゃあ単純に、ワックス脱毛から光やレーザーなどの脱毛に乗り換えれば良いのかと言うと、そう簡単でもなくて。そちらの脱毛方法は、毛を少し伸ばしてから、表面の毛をカミソリなどで自己処理をする必要があるんですよね。だから次に毛が生えてくるとチクチク感とか、痛痒い感じがあるんです。それってワックスの気持ちよさを知ってると、すごく気持ち悪いんですよ…。

なので、ワックスをした後でもできる光脱毛の機械ってないのかなと探して、今の機械に出合ったんです。だから、このサロンで使用している光脱毛マシンは、ワックス脱毛と同時施術も可能なんです。

―オープンして半年で、ワックスと一緒にできる光脱毛も導入したっていうのも早いですよ!最近時々、ワックスサロンの中で同時施術ができる光脱毛のマシンがあるって伺いますけど、実は結構以前からあったんですね。

長妻そもそも、ワックス脱毛と一緒にできますよっていう機械じゃなかったんです。ハイパースキン脱毛という機械なんですが、毛の発毛因子に働きかけて脱毛するんです。この脱毛理論なら、ワックス脱毛をした後でも効果が出るんじゃないかなと思ったんですよ。

―一般的な光脱毛の機械は、メラニン色素に働きかけるものですもんね。でも、メラニン色素が関係ないなら、毛穴の中に毛が残っている必要がないということですね。

長妻はい、そうなんです。しかも、サロンのお客様の中にその機械で脱毛をしているという方がいらっしゃったんですよ。詳しくお話を伺ってみたら、1年半ぐらい通ってこんな感じ…と見せていただいたのがホントにキレイで。だから導入することにしました。

―ワックス脱毛は継続的なものですけど、光脱毛はある程度で卒業しますよね。お店にとっては、お客様が来なくなるというデメリットがあるんじゃないですか?

長妻お客様の希望が最終的に毛を無くすというものであって、その要望に応えて喜んでもらえるのであれば、私もうれしいですからね。それに、光で何回か照射すると毛が少なくなるので、ワックス脱毛の時の痛みも少なくなるんです。

ワックスがなぜ痛いかというと、もう単純に抜ける毛が多いからなので。併用することはお客様にとって良いことしかないのであれば、やはり取り入れていきたいと思いますね。

ワックスが苦手、でも好きな人におすすめしたいシュガーリング

―もうひとつ、最近シュガーリングという脱毛を始められたと伺ったのですが、詳しく教えてもらえますか?

長妻海外ではワックスサロンと同じように、シュガーリングサロンがあるぐらいスタンダードな脱毛方法なんです。シュガーリングは砂糖と水とレモンを煮詰めたものに毛を絡ませて脱毛するんですが、施術者が脱毛する部位や毛質によって、好きなテクスチャーにして使います。

―えっ、好きなテクスチャーにするってことは、質感や手触りなどを施術者が好みで変えるってことですか?(驚)

長妻そうなんです。通常のワックス剤は、ワックスメーカーがこういう毛に向いてます、こういう肌質に向いてますっていうのを作っているので、施術者はそれを選んで使用しています。材料などはメーカーによってさまざまですし、自分で作ることはできません。

でもシュガーリングは、どんなメーカーから出ていても材料は一緒です。レギュラー、ソフト、ファームなど固さの種類はありますが、それぞれ水分量が違うんです。それを施術者が好みで選んで、さらに自らで部位に合う固さなどを調整して上手に脱毛を行う感じですね。

―シュガーリングのベースもメーカーで売ってるんですね。実は最初、施術者が好きなテクスチャーにするって言われたので、長妻さんが夜な夜な、シュガーリングに使うベースをお店でグツグツと作っているのかと思いました。

長妻あはは!でも海外のシュガーリングサロンでは、自分で作っている人も多いみたいですよ。私は購入したものに手を加えるくらいですね。日本は湿度が高いので、水分が多くなって肌にくっつきすぎちゃうな…と感じたら、自分で煮詰めて好きな固さにすることはあります。

―シュガーワックス、いわゆるソフトワックスと呼ばれるものも良く耳にするのですが、それとは別モノなんですか?使い方も違うんですか?

長妻材料は似ていますし、シュガーリングでもストリップワックスのように紙を貼ってはがすこともありますけど、ハンドテクニックがシュガーリングは全く違います。通常のワックス脱毛は塗って剥がして廃棄…という流れで行いますが、シュガーリングはそれ自体にどんどん毛を絡ませていくんです。スパチュラや紙などは基本的には使用しません。

シュガーリングはベースをぐりぐりと捏ねながら肌にこすりつけていくんですけど、塗った部分の体温で少し溶けて、毛穴のくぼみにジワっと入り込んでいくんです。このくぼみに入ったら、ピッと剥がして、毛を毛根からつかみ取って脱毛します。

―部位の脱毛が完了するまで、ずっと同じベースを使い続けるんですね。

長妻そうなんです。ゴミも少ないですし、化学物質なども入ってないので、環境にも優しいんですよ。

―化学物質が入ってないなら、アレルギーの心配もなさそうですね。

長妻材料は先ほども言いましたが、砂糖と水とレモンという食べられるものだけでできてますから安心ですよね。それに、ワックスはやはり人によっては熱かったりするんです。熱いと肌の表面の細胞を壊しすぎてしまうこともあるので、角質が取れすぎて赤みが出てしまうこともあるんです。

だから、ワックスで満足している人は、わざわざシュガーリングに変える必要はありませんが、現状のワックスでは満足できないけど、ワックスの仕上がりを楽しみたいという方や、自然素材を使って環境にやさしく脱毛をしたいという方には、かなりおすすめですね。

今はロハスとかオーガニックとかに注目が集まっていますし、世界的にもそういう流れが強いですから、これからどんどん注目されると思いますよ。

―確かに!このサロンでは3つの脱毛方法から選べるわけですよね。お客様の選択肢も広がるのがうれしいですね。

ワックスストックでワックス脱毛をもっと気軽に

―あとこちらでは、自分用のワックスをストックできると聞いたのですが、それも詳しく教えていただけますか?

長妻これもかなり初期のころから始めたサービスで、あまり他のお店では聞かないんですけど、まさにその言葉の通り、サロンで購入いただいたワックスをお店に置いておけるシステムです。次に来た時には、その自分専用のワックス剤を使用して施術するって感じですね。

―自分専用のワックスですか?衛生面でも安心できるかも。

長妻まさにそれなんです!ワックスって、他の人と使いまわしにしていることが不衛生に繋がるんですよね。だからスパチュラをいっぱい使ったりするんですけど、それって環境に良くないですし、なにより施術に長く時間が掛かってしまうんです。

ストックするワックスはロールタイプなので、施術のスピードも速いですし、自分専用ですから残りを次に使用する時も衛生的で安心なんです。

―ロールタイプのワックスなんですね。あのロール、確かに1回じゃ使い切れませんから、自分専用があればうれしいかも。今は何人ぐらいストックされているんですか?

長妻30人ぐらいですね。体型にもよりますが、1本で足全体と腕全体を2回ぐらいはできると思います。残り少なくなったら、持ち帰って家でセルフワックスをする方もいらっしゃいますよ。

―持ち帰りもOKなんですか?しかもセルフワックスって主にどこをされるんでしょうか?

長妻サロンにストックがあるから通い続けなくちゃ…なんてこともないですよ。だから皆さん、気軽にストックしてくださいますしね。セルフでする場合、ロールタイプはすごく便利だと思いますよ。特に足の脱毛は毛流れも複雑じゃないので、自分でも上手に脱毛できると思います。

―ちなみに、1本おいくらぐらいなんですか?

長妻1本5000円です。購入していただいたら1部位当たり定価の1000円~2000円引きで脱毛させていただけます。例えば、両腕両足なら、通常1万5000円ですけど、8000円という感じですね。部位が増えるほどお得になるんです。

―リーズナブルになれば、それだけ通いやすくもなりますしね。両腕両足をワックス脱毛しようと思って、ワックスストックを購入したとしても合計1万3000円。わぁっ、1回だけでもお得ですね!

長妻普段はお手入れしない腰やお腹回りなどのケアも、気軽にチャレンジできると思うんです。女性って昔から脱毛に大変な思いをしてきてますし、できる限り簡単で、ラクになれば良いなと思っているんですよ。

ボディカラーリング&タトゥーカバーも人気。良いものがあれば増やしていきたい

―脱毛のメニューも豊富ですが、ボディカラーリングとタトゥーカバーもちょっと珍しいかなと思うんですけど。

長妻ボディカラーリングも、オープン当初から始めているものなんです。日焼けの肌が好きだったので、ずっとやりたいと思ってたんですよ。

―あれって、ただ茶色い色素を塗っているだけじゃなくて、角質のたんぱく質に反応させて、茶色に定着させているんですよね。ベリッシーメさんで以前、お伺いしました。

(編集部注:実は以前取材にお伺いした「bellissime」さんと長妻さんはお友達です。)

長妻実は日本ではそんなに需要はないだろうな…と思っていたんです。海外で知った人が、探してきてくれたら良いなぐらいで。ところかボディビルとかフラダンスとか、タヒチアンダンスとか、そういうお仕事の方や、イベントがあるときに来てくださることが多くて、こんな需要があるのかと驚いたぐらいです(笑)。

―私も日焼け小麦肌には憧れますけど、日焼けすると赤くなって終わりなんですよね…。だから、こんなものがあるのかって、初めて知ったときには便利だなと思いました。

長妻そうそう、そうなんですよ!痛くて、黒くもならずに終わるんだったら、日焼けなんかしたくないってなるじゃないですか。それに、紫外線を浴びないからシミにもならないし。1週間程度でもとに戻りますしね。

なまっちょろい白い肌で海に行くより、ちょっとだけでも日焼けしてる肌の方が、水着も似合いますから(笑)。これから海に行くとか、そんな方でも気軽に試して欲しいなと思いますね。

―タトゥーカバーは逆に白くするというか、隠す方ですよね?こちらも一緒に始められたんですか?

長妻それはボディペインティングが気になっていて、習いに行ってるときについでみたいな感じで教えてもらったものだったんです(笑)。でも、サロンでメニューに加えるなら、ボディペインティングよりタトゥーカバーの方が、女性には需要があるかなと思って。花嫁さんとかね。

―なるほど!ウエディングドレスは胸元とか二の腕が大きく露出しますけど、その時にタトゥーが見えていたら、親戚のおばあさんとかビックリしそうですもんね。

長妻そしたらこれも、想像以上に需要があって、お客様の口コミでどんどん広がった感じですね。昔、新聞の取材も来たことがあるんですよ。東京でできるところが、調べたらうちしかないって(笑)。

―私も初めて聞きました。タトゥーカバーはどうやってするんですか?

長妻ハリウッドの特殊メイクみたいな感じで、映画の撮影に使用されるインクでタトゥーを隠していく感じです。だから水にぬれても大丈夫ですし、シャワーや温泉にも入れますよ。3日から1週間程度は持ちますよ。

―結構長持ち!落とすときにはどうするんですか?

長妻インクの主成分がアルコールなので、専用のアルコールシートで馴染ませて落とす感じです。だから、アルコールにアレルギーのある方は施術できないんですよ。

―実際、想像以上に需要があったということですが、どんなお客様が多いんですか?

長妻最近多いのは健康診断前なんです。お堅い職場の方が、着替えている時に見られたらまずいのでっていらっしゃいましたね。あとは介護のお仕事をしている方が、実地研修のとき職場にばれたらまずいとか。

―タトゥーを外科手術的なもので消すのは、体に傷も残って大変ですけど、これなら簡単に、その日のうちに消すことができますもんね。施術する側として、難しい点はありますか?

長妻色の調合が結構難しいんです。皮膚の色ってどこも同じ色じゃないですし、例えば腕を見ても、外側と内側ではグラデーションが掛かってますから。その辺りを自然に見えるよう上手にカバーするのは、ちょっとコツがいりますね。

タトゥーカバーの講習の要望が増えて、2~3カ月前から講習も開催しているんですが、すでに10人以上教えているんです。だからタトゥーカバーができるサロンも、これから増えていくかもしれないですよ。

―長妻さん的に、これからやってみたいメニューとかあるんですか?

長妻歯のホワイトニングとか、考えているんですけどね。歯が白くなりたくない人っていないと思うんですけど、歯医者さんにしてもらうと結構痛かったりするんです。

月に1回、このサロンに来るときに一緒にできれば素敵だなと思いますし、もっと手軽にできるようになればいいなと思っているので。

―日焼け肌に白い歯!それは良いですね。外国には貼るタイプのとかもありますよね?

長妻あれはやりすぎだと思うんですけど、アメリカ人とか、歯に掛ける情熱が半端ないのでね(笑)。

今はまだう~ん…って思うものが多いので、サロンで導入するまでにはいってないんですけどね。急いでいるわけでもないので、ゆっくり、良いものを探していこうかなって思います。

―長妻さんのお眼鏡に叶うものを発見したら、またぜひ教えてください!今日は長い時間、本当にありがとうございました。

おわりに

ブラジリアンワックスサロンとして老舗の「GUAPA WAX」。オーナーの長妻さんは小麦色の肌が素敵な、気さくで話しやすい方なので、ついつい話も弾んでしまいました。

ワックス脱毛の技術力の高さはもちろんですが、シュガーリングはテクスチャーで施術者が部位などを使い分けるので、さらに高度な技術力が必要になります。シュガーワックスとシュガーリングは似て非なるものですので、ワックスの熱さが苦手な方や、敏感肌でアレルギーに関して心配な方は、ぜひ体験をおすすめします。

他にもボディカラーリングやタトゥーカバーなど、イベント時にぴったりのメニューがあるので、旅行前のお手入れなどにも最適です。日常的なお手入れサロンとしてはもちろん、いざという時の御用達サロンとしてもぴったりです。

「脱毛の学校」へのメッセージをもらいました!

すごく作り込まれていて、ちゃんとしているなって実はビックリしました。脱毛と言えば光脱毛とかクリニックだけじゃないということも伝えてくれているので、それはブラジリアンワックスサロンとしてもうれしいですしね。簡単に、的確に、良いお店や脱毛に関しての情報が見つけられるサイトに、これからもなってくれたら良いなと思います。
(GUAPA WAX オーナー・長妻久美子さん)

基本情報まとめ

サロン名 GUAPA WAX(グアパワックス)
電話番号 03-3836-0634
住所 東京都台東区台東3-43-10サトービル1階
営業時間 11:00~22:00 (最終受付21:00)
定休日 なし(年末年始、その他臨時休業あり)
支払い方法 現金、クレジットカード
スタッフ数
同時受け入れ可能人数
予約 電話、ホームページ、LINE (ID:guapa.wax)
代表的なメニューと料金 【ワックス脱毛】
ブラジリアンワックス 6000円
両わき、うなじ 各3000円

【シュガーリング】
ブラジリアンシュガーリング(VIO) 7000円

【光減毛】
Vデザイン+I+О(アウトライン除く) 1万5000円
両わき 3000円
※ワックス脱毛との同時施術で割引特典あり

【ボディカラーリング】
サンシャイン 5500円~

【タトゥーカバー】
ワンポイント(500円玉サイズ) 4000円~
※2回目以降同内容施術は20%オフ

※料金はすべて税別です
※ほかにも多彩なメニューがあります
※価格は女性料金です。男性は金額が異なります

駐車場 なし(近隣にコインパーキングあり)
アクセス・道案内 地下鉄「仲御徒町駅」1番出口すぐ

※その他詳細情報は、店舗へお問い合わせください。その際「脱毛の学校を見た」と言っていただくと幸いです。

フォトギャラリー

サロンマップ

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。