コロリー基本情報・脱毛方法&店内の雰囲気|独自写真体験レポート

コロリーってどんなサロン?

コロリーは2017年4月にオープンしたばかりの全身脱毛専門のサロンで、すでに全国に60店舗以上を展開しています。大手脱毛サロンのミュゼプラチナムと運営会社が同じで、姉妹店とも言える存在です。

部分脱毛コースが豊富なミュゼプラチナムに対し、コロリーは全身脱毛コースしか扱っておらず、料金設定もシンプルなのが特徴です。

また、脱毛サロンではめずらしく、当日キャンセルでもキャンセル料が不要で、1回分消化などのペナルティもありません。さらに、店舗間移動が自由で、当日の電話予約も可能です。いつも通っているサロンに空きがない場合も、近隣の店舗の空き状況を調べてくれるなど、仕事や子育て、家事などで忙しい女性にうれしいサービスが充実しています。

コロリーとラットタットの関係って?

2017年4月にオープンしたばかりなのに、すでに全国に60店舗以上展開しているのは、同年3月末に運営会社・グロワール・ブリエ東京の破産に伴い閉店したラットタットの店舗を再利用しているからです。

店舗や設備の一部を再利用していますが、基本的にラットタットとコロリーは運営会社が異なる全く別のサロンと考えてください。

また、以前ラットタットだった店舗が全てコロリーになったわけではなく、閉店したままの店舗もあるので気を付けてください。

脱毛方法

コロリーでは、SSC方式(スムーススキンコントロール)と呼ばれる脱毛方式を採用しています。光に反応するジェルを肌に浸透させて、その上から照射することにより、毛の成長を抑える方法です。

肌へのダメージは少なく、熱さや痛みもほぼありません。そのため、VIOや皮膚の柔らかい部分など、他の脱毛方式では痛み強く感じる部分も少ない痛みで処理できます。

また、ヒアルロン酸が配合されたジェルを使用しているので美肌効果にも期待ができます。施術後はジェルのふき取りをして、保湿ローションでケアをして終了です。

全店舗に高速マシンを導入しているため、1回の来店で全身の脱毛が可能で、全身脱毛にかかる時間は90分程度です。

このマシンは最短で1カ月に1回の照射が可能です。ただし、ムダ毛の量や質によって通える間隔が人それぞれ異なるので、カウンセリングの際にスタッフが、肌や毛の状態などを確認し、それぞれに合ったコースや、通う間隔などをアドバイスしてくれます。

スタッフ・接客・お店の雰囲気について

コロリーはオープンしたばかりのサロンです。しかし、運営会社であるミュゼプラチナムが、閉店したエターナル・ラビリンスとラットタットで働いていた従業員を多数受け入れたため、経験豊富なスタッフが揃っており、きめ細やかなサービスが期待できます。

施術室は完全個室でプライベートに配慮した空間です。さらに、全室プロのクリーニングを施し、ホテルのような居心地を目指しています。また、タオルなどのリネン類も、プロのクリーニング済みで、衛生面の心配もありません。

コロリーは、まだ新しいサロンで口コミが届いていません。しかし、ラットタットの店舗や設備を再利用している部分が多いので、店内の雰囲気については、ラットタットの体験レポートも参考になると思います。

店内の様子が気になる方は、【ラットタットで脱毛してきました!】も参照してください。

基本情報まとめ

サロン名 コロリー
キャンペーン 詳細はこちら
出店エリア 全国
詳細はこちら
営業時間 12:00~21:00
※一部店舗により異なる
定休日 なし
※一部店舗により異なる
支払い方法 現金、クレジットカード、口座振替、医療ローン
予約 基本は来店時、もしくは電話にて次回予約
代表的なメニューと料金 ■全身脱毛12回プラン  
一括払い 34万2000円
36回払い 月々 9500円

※料金は税別です

アクセス・道案内 最寄駅から徒歩10分以内の店舗が多く、比較的アクセスは便利

公式サイトはこちら

ラットタットで全身脱毛してきました!

今回の体験者:エマさん(30代前半・主婦)

私はラットタット津田沼店(千葉)で全身脱毛に通っています。通い始めたのは2016年4月からで、12回コースを購入しました。今回、4回目の照射で顔・腕・ワキの脱毛をしてきました。

ラットタットを選んだ理由は次の2つがあります。

①予約が取りやすい
以前、他の脱毛サロンに体験で行ったことがあるのですが、びっくりするほど予約が取れませんでした。オンラインで予約しようとするといつも「満席」の文字。それに、3カ月後のスケジュールなんてその時はまだ分かりません。

ワキとVライン6回コースでしたが、有効期限内に6回を終えることができませんでした。ラットタットはまだできたばかりのサロンで予約が取りやすいのではないかと判断しました。

実際、契約したら本当にその通りで、こちらの指定した日に確実に予約を入れてもらえます。

②分割払いができる
他のサロンでは「現金か、カードで一括払い」というように、支払い方法が限られているところが多い中で、ラットタットは信販会社を通じてローンを組むことができます。しかも、支払いの金額までこちらで決められます。これがわかった時点で選択肢はラットタット1本になりました。

早速、レポしたいと思います。

予約の変更

1カ月前に予約をしていたのですが、急用で行けなくなってしまったため、変更してもらうことになりました。予約の前日に電話して「明日から明後日に変更してもらえませんか?」と聞いたら、快く了承してもらえました。

時間もこちらの希望する時間帯で空きがあったのでラッキーでした。私はこれまでに何度も予約の変更をお願いしたことがありますが、嫌な対応をされたことは一度もありません。

雑居ビルの中にある小さなサロン

ラットタット津田沼店は、JR津田沼駅西口から徒歩2分のところにあります。西口を出てロータリーを右に進み、さらに右側の階段を下り、線路沿いの狭い道を進むとミニストップがあります。そこの6Fが店舗です。

建物自体は雑居ビルといった印象でしょうか。

はじめは迷子になったのでコールセンターに電話して場所を聞いてしまいました。6Fのエレベーターを出ると、エレベーターホールはなく、目の前が受付になります。

その横にカウンセリングルームが2つ。

トイレはエレベーターの横にあります。

白を基調としたポップな店内で、いつ行ってもお店は清掃が行き届いています。

めちゃフレンドリーなカウンセリングで契約を決めました

カウンセリングを受けたのは1年ほど前ですが、とてもフランクに対応してくださいました。ローンの支払いで迷っていた私に対して、親身になって相談に乗ってくれ、自分のことのように考えてくださっているのが伝わったのでうれしくなりました。他社のプランと比較しながらの説明も分かりやすかったです。

実際の施術レポート

1年近く通い続けていますが、いつも同じ施術室に案内されます。

これ以外の部屋で施術を行ったことがありません。他に客がいないということでしょうか。ちなみに着替えも同じ施術室内です。

今回は顔・腕・ワキなので、「上半身だけ脱いで専用のラップタオルに着替えてうつぶせになって待っててくださいね」とのことでした。今日は珍しく、ワゴンのタオルが雑然としていますね。特に気になりませんが、いつもはきれいです。

では早速着替え…の前に、こちらが脱毛器の写真です。

昨年末から機械が新しくなったようです。後ろのガムテープが張られている部分が気になりますが、何が隠されているのか私は知っています。

前回来たとき(2カ月前)は貼られていなかったのに、何か不都合でもあるのでしょうか?
そうこうしながら着替えを終えて、うつぶせになってスタッフが来るのを待ちます。

シェービングしてもらえるラットタット

ラットタットでは、基本的にシェービングをしてきてほしいというスタンスのようです。施術室内にこのような掲示物が貼られていました。

脱毛器が新しくなってから特に「シェービングしてきてください!」としつこいくらいに言われるようになった気がします。ただし、肩や背中などの自分で処理できない箇所についてはそこまで厳密に処理しなくても大丈夫そうです。

推測ですが、時間の短縮のためにシェービングをお願いしているのだろうと考えています。背中のシェービングにもお金を取るサロンもあるので、ラットタットの対応はこれでも良心的な方だと思います。

ジェルの塗布、そして照射

シェービングが終わったら照射のためにジェルを塗ります。機械が変わってからジェルの塗布方法も変わりました。今までスパチュラを使っていたのが、今ではスタッフの手によって塗布されています。これは別に構わないのですが、ワキに塗られるときはくすぐったくて仕方がなかったので、次回からワキだけはスパチュラに変更してもらうようにしました。

機械で照射する時や、凸凹するところや細かい部位は1回1回照射しています。腕などの広い箇所は機械をスライドさせて照射させていました。健康診断のエコー検査のように、ぐーっと機械をスライドさせていくのです。なので、1回1回するよりは時間が短縮されるし、痛みもあまり感じません。これは会員とサロンン双方にメリットがあることだと思います。

ヒザ下と足の指、VIOを照射したときは痛かった…

今回は、顔・腕・ワキだったのであまり痛みは感じませんでしたが、VIOやヒザ下、足の指を照射したときにはチクッとした痛みを感じました。

よくVIOラインはIラインが特に痛いとききますが、私の場合はVが痛いと感じました。IとOの脱毛は、はじめは怖くて仕方がなかったのですがスタッフさんから「私はVの方が痛いと思うんですけどね」という話を聞いて、挑戦してみたら本当にその通りだったという感じです…。

そして、全身の中でも最も痛いのがひざ下と足の指でした。思わず足が逃げてしまうほど痛かったです。「痛い!」と声が出てしまうもひざ下と足の指なので、この部分の施術も痛みを覚悟しておいた方がいいかもです。

ただ、私は痛みに弱い方(子どもを産むとき陣痛が苦しくてたくさん叫んでいたので…)ですが、痛みは一瞬で我慢できる程度です◎

照射後は最低限のアフターケア

今回はVIOの照射ではなかったのでもらえなかったですが、VIOを照射したときには、化粧水を浸したコットンをもらえます。ラップにくるまれていて化粧水がひたひたになっているそのコットンを、正直、どれくらいの時間部位に当てたらいいのかよく分かりません。

教えてもらえるとうれしいなと思いつつ、いつも聞くのを忘れてしまう私…。なので、2~3分当てたらすぐにゴミ箱に捨ててきています。脱毛後のアフターケアと言えばこれくらいですね。

パウダールームの写真はこちら

とてもシンプルです。今回は顔の脱毛でしたから、肌が敏感になっている時に化粧をするのは避けたいなと思い、ノーメイクで帰宅しました。顔以外の部位を脱毛する時は、すでに化粧をしていますし、化粧直しをする必要もないので、私は一度も使ったことがありません。

その後、今回だけはカウンセリングルームで書類の手続きがあり、終わってから退店しました。今回はこの手続きに時間がかかったので滞在時間は1時間ほどでしたが、いつもは30~40分程度です。1時間を超えることはまずありません。

では脱毛のビフォーアフターをご覧いただければと思います。

恥ずかしながら、鼻の下と顎の毛がボーボーです。脱毛に通う前は頻繁にシェービングしていました。

顔のシェービングをすると肌がワントーン明るくなったように感じます。というか明るくなってます。

手と手首がこちら。

手の毛が本当にヤバいですね。脱毛前はほぼ毎日シェービングしてました。これが面倒で脱毛に通い始めたといっても過言ではないです。手の毛が生えているのは個人的に本当に恥ずかしいので早く薄くなってほしいです!

腕はこんな感じ。

毛が濃くなるのが怖くてシェービングを一度もしたことがありませんでした。おかげで薄いと言えば薄いですがよく見るとボーボーで…。これも恥ずかしかったからやっぱり全身脱毛を始めてよかったなって思いますね。

ワキ

ワキは他のサロンでも体験したことがあるので、だいぶ薄くなってきました。本数が少なくなったというのでしょうか?

伸びる速さも明らかにスローペースになっています。全身脱毛の中でも、特に効果を実感できている場所です。このまま薄くなっていくのが楽しみです。

エマさん体験まとめ

利用店舗名 ラットタット津田沼店
利用期間 2016年4月~現在(11カ月)
利用コース名 12回コース
照射回数 4回目
合計金額 26万4384円  
合計金額の内訳 コース料金 26万4384円
このサロンを選んだ理由 決まった金額で分割払いができたから
予約の取れやすさ できたばかりのサロンで予約が取りやすい
1回の処理にかかる時間 30~40分
痛み VIO、ヒザ下は一瞬、チクッとした痛みを感じました
勧誘 強引な勧誘はありませんでした
接客 若いスタッフが多く、こちらが痛がったりくすぐったがったりしても優しく対応してくれます

公式サイトはこちら

この記事が良かったなと思っていただけたなら、下のボタンから共有をお願いします。

記事タイトルとURLをコピーする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。